VRゴーグル(HMD)

【2020年】アダルトVR動画を見るのに最適なVRゴーグルはこれ!初心者でも安心のゴーグル選び

助手ちゃん
助手ちゃん
ねぇねぇ所長。アタシこういうの初めてなんだけどぉ、VRゴーグルってどれ買えばいいのー?
所長
所長
助手ちゃーん。なかなかいい質問をしてくれるじゃないか。そうだな、初心者のためのVRゴーグル紹介でもしていこうか。

最近何かと話題になっているのがVR(バーチャルリアリティ)です。実際動画なんかでもキズナアイがV-tuberとしてデビューしてから業界が賑わったり、スポーツ動画を3Dで見れるようになったり、ゲームもPSVRなんかが登場したりしています。

で、そのVRの流れがアダルト業界にも流れ込んでいるのをご存知でしょうか?

まぁさすがにFANZA(DMM.R18)とかを利用していれば今は嫌でもVR動画のパッケージを見かけるので、チラッと見たことはあると思いますが。

今回はそんなアダルトVR動画を見るのに最適なVRゴーグルを種類別に紹介していきますね。初心者でもこの記事で理解できるように詳しく・わかりやすく書いていきます!

 


[PR]VRデビューしたばかりの人へ

Oculus Quest2でVRデビューした人はいろんな女優さんのVR動画を色々漁りたいと思っているはず。ですがちょーっと待ってください。本当に手当たり次第購入するつもりですか?

最新の動画ならともかく、ちょっと昔の動画(1〜2年前)を手当たり次第購入するくらいならFANZAの見放題サービス「VRch」に登録した方が間違いなくお得ですよ。

ここ最近はマシになりましたが、数年前のエロVRは当たりハズレが本当に激しかったので、無駄買いになる可能性もかなりあります。月額2800円保険料として支払うことで沢山の過去動画を漁れるVRchを便利するのが賢い人の使い方です。

紗倉まな・坂道みるのVR動画も見れる!/

助手ちゃん
助手ちゃん
対象エロVR動画数No. 1のサービスをとくとご覧あれ!

VRゴーグルの種類について説明

所長
所長
VRゴーグルとは言ってもその品質はピンキリだ。安物〜ハイスペックマシーンまで勢揃いしているぞ。
助手ちゃん
助手ちゃん
そーなんだ!じゃあお金のないアタシでも買えるのってあるのかな!?

VRゴーグルの種類についてまとめるとこんな感じになっています。

  1. スマホ1台あればOK!はめ込み形式のVRゴーグル
  2. 特定のスマホとゴーグルを直接コネクタで繋ぐVRゴーグル
  3. VRゴーグルそれ1台だけあればOK!スタンドアローン型VRゴーグル
  4. PS4など特定の機械が必要なVRゴーグル
  5. ハイスペックPCが必要なVRゴーグル

上が安いVRゴーグルで下が高いVRゴーグルになっています。それではそれぞれの特徴をより詳しく見ていきましょう。

スマホ1台でOK!はめ込み型のVRゴーグル

こちらが最も安価で手に入れられるVRゴーグルです。その中でもダンボールで出来たゴーグルなんて1000円未満で買えてしまったりします。

とにかく安い。数百円〜数千円で買えるのでアダルトVR入門用のゴーグルとして奨励されていることが多い。スマホをゴーグルにはめ込んでスマホの画面を覗く形式になっているので、イヤホン(できればワイヤレス)が無いと不便。ただしスピーカーが付いているものもあるが、その分値段も上がる。アダルトVR体験の質という観点からはぶっちゃけそこまでおすすめできない。

値段の安さ
VR体験の質
おすすめ度
所長
所長
経験上この手のゴーグルではVRの大きな感動は得られない。あとゴーグル内にゴミが入って掃除するのが意外と大変だったりするぞ。
助手ちゃん
助手ちゃん
えぇー!安いけどその分ダメなところもあるんだね!

ハコスコ タタミ2眼

こちらはアマゾンや楽天で定番のダンボール製VRゴーグル。見た目がチープで機能も本当に最低限なので1000円未満で購入できるメリットがあります。逆にいうとそれ以外のメリットは殆どありません。スマホゲームアプリのなんちゃってVR機能を楽しむ分にはこれでOK。だけどアダルトVRで本物のエロ体験をしたいならおすすめできないアイテムです。

Aoobe VRゴーグル

こちらが定番中の定番。2000~3000円というど定番の価格帯で購入できるコスパのいいゴーグルになっています。瞳孔・焦点距離調整機能があるので、近視の人でもメガネを外して装着が可能になっています(度を超える近視の場合は例外)。サイズは4~6.5インチのスマホに対応しているのでiPhone6〜iPhone11まで対応しているのもポイント。もちろんAndroidでもOKです。

所長
所長
何度も言うが、これ系のメリットは安いからすぐに購入できること。ただしレンズの隙間にゴミが簡単に入って邪魔になるデメリット、頭に固定するベルトが微妙なものが多いというデメリットも存在するぞ。
助手ちゃん
助手ちゃん
安いからって簡単に飛びついちゃダメなんだね!でもスマホ持ってるならこれ1つでVRの体験できるって良いかも!

 

DMMで購入するとなんとFANZAのポイントが1000ポイントついてきます。1000ポイントあれば実質無料でHQVR動画を1本購入することが可能なのでおすすめ!

 

特定のスマホを必要とするVRゴーグル

こちらはちょっと特殊なVRゴーグルでGearVRと言います。見た目はさっき紹介したスマホはめ込み型に近いけど、実際はある特定のスマホをコネクタに接続する必要があります

その特定のスマホとはこちら!

Galaxy S9, S9+, Note8, S8, S8+,
S7, S7 edge, Note5, S6 edge+, S6, S6 edge

※GalaxyNote10は未対応

GearVRに接続して視聴できる機種はSAMSUNG製に限られていると言うわけですね。

しかし、その分映像クオリティーははめ込みと比べて少しだけ。映像の綺麗さ奥行きなどは先ほど紹介してきたなんちゃってはめ込み型のVRゴーグルと比べてVR体験の質は1段回向上します

SAMSUNG系統のスマホを既に持っている人の場合はちょっとお金を出してこっちのGearVRを購入した方がいい体験ができるのは間違い無いと言っておきましょう。

価格が1万前後なので普通のはめ込み型と比べて少し高い。しかし頭を固定するベルトがしっかりしているものだったり、メガネを外しても大丈夫なようにピント調節機能が付いている。液晶のスペックなどがスマホ本体に依存しているため、SAMSUNG製のスマホが進化していくほどVR体験の質も上がっていくのがポイントだ。

追記

GearVRの生産+アップデートサービスが終了

Galaxyシリーズには今後「Oculus OS」のアップデートが配信されないとのこと。「Oculus Video」や「Oculus 360 Photos」といったアプリをダウンロードできなくなるので、2020年新たにGearVRを定価で購入するのはやめた方が無難だ。

値段の安さ
VR体験の質
おすすめ度
助手ちゃん
助手ちゃん
2020年の今はGearVRを購入するメリットがほぼ無いんだね!

【2019年版】Galaxy Gear VR Samsung 純正品

所長
所長
 サポート終了によって一部のアプリが利用不可になってしまった。既にGalaxyを利用しているユーザーで、運よくゴーグルを安く入手できる場合以外はおすすめできないな

 

それ1台だけでVR体験ができるゴーグル(スタンドアローンHMD)

今回の本命ともいえるゴーグルがこちらのタイプ。これ1台あればVR体験が可能なこと、自由に動き回れることなど利点の多いゴーグルになっています。

値段はこれまで紹介してきたゴーグルと比べて高くなりますが、その分メリットも大きいので間違いなくおすすめできるゴーグルですね。

初期設定時のみスマホが必要になるが、1度設定してしまえば基本的にこれ1台で独立して利用できる。価格帯もライトユーザー向けと本格派向けに分かれていて、ユーザー層ごとにおすすめできるゴーグルが存在する。

値段の安さ
VR体験の質
おすすめ度
所長
所長
個人的にはVR初心者でも最初から買っておきたいタイプのゴーグルだな。アダルト利用でもスマホはめ込みより優秀だ。
助手ちゃん
助手ちゃん
しょちょーが言うならこれ買おうかなぁ…

Oculus Go

32GBと64GBの2種類が存在。本来なら前者は2万ちょっとで購入できましたが、2020年に公式サイトでの販売を終了。アップデートサービスも将来的に終了予定なので、今からあえてOculus Goを購入する必要はありません。

まだAmazonで購入できますがやや割高になっています。入手するなら中古での購入レンタルを利用しましょう。

性能はGear VRと比べてちょっとリードしているかなってレベル。

1番の魅力はスタンドアローンHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の中でもとにかく安いこと。

本格派HMDと比べると流石に性能面では大きく劣ります。

Oculus Quest2(おすすめ度NO.1!)

2020年で1番おすすめのVRゴーグルがこちらの「Oculus Quest2」です。

スタンドアローンタイプなのでこれ1台でOK。コードなども繋がれていないので、部屋内を自由に動き回れたり、アダルトVRを見ながら寝返りをうてたり、体勢を変えたりと臨機応変に使えるのがグッド!

そして性能に関してもスマホはめ込み型やOculusGoと比べて格段に上を行っています。

Oculus Quest2は初代Oculus Questよりも価格を抑えながらスペックの上昇に成功しているので、マジで本格的にVRを遊ぶための入門機としておすすめできます。

さて、Oculusシリーズの比較が重要だと思ったので軽くまとめてみました。

機種 初代Quest Quest2
解像度(片眼) 1,440×1,600
有機EL
1832×1,920
液晶
トラッキング 6DoF 6DoF
リフレッシュレート 72Hz 72Hz〜90Hz(予定)
IPD調整 スライダーで調整 58・63・68mmの3段階調整
ストレージ 64GBまたは128GB 64GBまたは256GB
プロセッサ Snapdragon 835 Snapdragon XR2 プラットフォーム
重量 596g 503g
RAM 4GB 6GB
オーディオ 内蔵スピーカーとマイク、3.5 mmヘッドフォン対応 内蔵スピーカーとマイク、3.5 mmヘッドフォン対応
価格 64GB:¥49,800
128GB:¥62,800
64GB:¥37,180
256GB:¥49,280

初代Oculus QuestとOculus Quest2ではディスプレイに大きな変化があります。やはり1番の違いは解像度が大幅に上昇した点でしょう。

既に比較しているサイトもありますがディスプレイに映る文字の読みやすさが段違いです。

有機ELから液晶になったため黒色の美しさが落ちてしまいましたが、それ以上にメリットがありますね。

初代Oculus Quest <<Oculus Quest2という判断でOKでしょう。コスパ面でも相当優秀です。

それともう一つの比較も置いておきます。こちらの表は初代Oculus Quest時代に書いたもの。

機種 Oculus Go Oculus Quest Oculus Rift S
方式 独立型 独立型orPC接続 PC接続
解像度(片目) 1,280×1,440
液晶
1,440×1,600
有機EL
1,280×1,440
液晶
滑らかさ 60~72Hz 72Hz 80Hz
視野範囲 100° 100° 115°
レンズ→パッド距離 約70mm 約62mm 約74mm
処理能力 Snapdragon821 Snapdragon835 PCのグラボに依存
挙動範囲
(トラッキング)
3Dof 6Dof
(4カメラ)
6DoF
(5カメラ)
目と目の間の調整 × 58~72mm 58~72mm
音声 内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth不可
内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
Bluetooth可能
内蔵スピーカー
3.5pinステレオジャック
PC側でBluetooth可能
コントローラー 片手1機
4ボタン+タッチセンサー
両手2機
5ボタン+ジョイスティック
両手2機
5ボタン+ジョイスティック
ヘッドバンド ストレッチゴムバンド 伸縮スプリング式 ダイヤル調整付き大型パッド
重量 468g 571g 500g
価格 32GB:¥19,300
64GB:¥25,700
64GB:¥49,800
128GB:¥62,800
¥49,800

参照:ASTONESS

※Oculus RiftSはゲーミングPCが必要 

解像度に関しては初代Oculus Questが数値上は1番優れています。しかしこのことで注意しなければならないことが1点。

この数値だけをみて間違った説明をしているサイトが結構あるのですが、この3つで1番綺麗に見えるのはOculus RiftSです。

Oculus Goや初代Oculus Questは処理能力があくまでも携帯用と言いますか、スタンドアローン用なのでそこまで高くないんですよね。

一方でOculus RiftSは接続しているPCのグラボ依存。処理能力が圧倒的に高くなってきます。

また、Oculus Questはちょっと特別な方式を採用していて解像度の数値より見栄えが悪くなるんですよ。

こういう全体的なパワーの差や方式の差でOculus RiftSが最もきれいに見える仕様になっているんですよね。

ただOculus Questは有機ELなので黒の鮮明さが他と比べてはっきりとします。黒髪の女優さんを見る場合にはこっちも悪くないですね。

まぁその他もの要素も合わせて総合的に見れば

OculusGo<<< 初代Oculus Quest< Oculus Rift S

といった力関係になっています。 Oculus RiftSは後ほど紹介する常時PCに接続するタイプのVRゴーグルなので、スタンドアローン型のゴーグルはGOとQuestの2種です。

3Dofと6DoFの違いって何?

3DoFは左右の向きや上下の向き、傾きを認識することができます。一方で6DoFになると、頭の動きだけでなく自分の前後左右の移動やしゃがみ込む動作まで認識してくれるのです。「VR chat」のような仮想世界を移動するゲームでは6DoFであることが必須になってくるので注意。(正確には3DoFでもPCキーボードやコントローラーで移動できるけどなんちゃって仮想世界になってしまいますw)

所長
所長
眺めるだけでなく、移動を含めたVRを体験したいなら6DoFのOculus Quest一択だな
助手ちゃん
助手ちゃん
でも逆に言えば、エッチなVR動画を見るだけなら3DoFでも大丈夫ってことだね!

初代QuestとQuest2はFANZAとAdultFestaVR(アダフェス)のエロVR動画を見ることができます。しかし1点だけ注意。AdultFestaVRの+1D連動には2020年10月現在対応していません。理由は「Dimension Player」を利用できないから。

所長
所長
この問題を解決する方法も一応あるぞ。

Oculus Quest2で+1D再生連動グッズを利用したい場合、 Oculus Linkを利用してゲーミングPCに接続するのが一般的な解決方法です。Oculus Questの凄いところはスタンドアローン型とPC接続型これ1台で両方に対応しているとこ。

高スペックのゲーミングPCを要求されるのが難点ですが、Oculus Questでアダフェスの+1D連動動画を見るにはPCVR型にする必要があります。あとはディメンションプレイヤーがスタンドアロン型にも対応するのを待ちましょう。

 Oculus Link対応Rampow USB Type AtoC ケーブル

Amazonで探す

 

実はOculus Linkで繋ぐ以外にも無線でPCと繋ぐ方法もあります。

それは「ALVR」というアプリを利用する方法です。こいつを使うことでPCにWi-Fiで接続して無線PCVRとして使えるようになるんですよね。

まぁ今回はその話について詳しく説明しませんが、そういう方法もあるんだってことを知っていればOK。

最終的にOculus Quest2とOculus RiftSの勝負。RiftSが生産終了予定なことを発表したので、やはりOculus Quest2が最強です。一部環境においてはRiftSの方が良い瞬間もありますが、多くの場面でOculus Linkを利用したOculus Quest2に軍配が上がります。

 

所長
所長
スタンドアローンタイプでアダフェスの+1D連動動エロVRをみたいなら次のゴーグルもおすすめだ。

DPVR-4D(おすすめ度No.2!)

ほぼアダフェス専用機として使えるスタンドアローンタイプのHMDがこちらのDPVR-4D。

FANZAのDMMVRプレイヤーに対応していないのでFANZAのエロVR動画を見ることはできませんが、これ1台でアダフェスの+1D動画と連動グッズをリンクさせることができます。

3DoFなので高度なVR体験はできませんが、エロVR専用機としてはなかなか良いゴーグルですよ。

アダフェスのVR動画をみるためのHMDとしてはNo. 1と言っても過言ではありません。

所長
所長
ついでに俺はアダフェスの動画を見るときにDPVR-4Dを利用させてもらっているぞー
「SKYWORTH-4D」か「DPVR-4D」を買うべき理由! +1D再生に対応しているスタンドアローン型HMDAdultFestaVRで購入したエロVR動画には+1D再生、つまり4D-VR機能がついています。 この4D-VR機能を利用できる...
助手ちゃん
助手ちゃん
詳しくはこっちこっち!
+1D再生とは? FANZAは対応している? グッズはどれを使えばいいの?この記事のキーワードは+1D再生です。 助手ちゃんのように「+1D再生(+1D連動)ってなんなのさ?」って...
助手ちゃん
助手ちゃん
+1D再生や連動グッズついて知りたい人はこっちだよ!

 

「PlayStation 4」が必要になるVRゴーグル

これはPSVRのことです。PSVRはPS4とのセットで初めて利用できるVRゴーグルになっています。

このPSVRでもFANZAやアダフェスなどのアダルトVRを楽しむことが出来ます。

とはいえ、利用のしやすさ、利便性に関しては Oculus QuestやDPVR-4Dに全く敵わないのでアダルトVR専門として使うのはちょっと微妙ですね。

PSVR専用のVRゲームをプレイしたい人が購入するものです。

値段の安さ
VR体験の質
おすすめ度
所長
所長
PS5が登場してPSVR2が来てから本番だな!

こんなゲームがあるよ

サマーレッスン

VRの恋愛ゲーと言えば「VRカノジョ」ですが、PSVR専用のゲームには「サマーレッスン」というものがあります。

自身は家庭教師でありながら3人の女の子とイチャイチャするゲームで、それぞれに個性があり、うなずいて返事することで直感的な会話も楽しめるゲームになっています。

▶︎Amazonで詳細を見る

Fate Grand Order VR

超人気タイトルFateのVRゲーです。ジャンルは「VRドラマ」。

VRの世界で本格的にドンパチアクションができるわけではないですが、マシュやアルトリアといったサーヴァントと会話したり、FateGOのような戦闘もあるのでファンなら楽しめる作品になっています。

なお、このゲームはダウンロード専用なのでPSストアでの購入となります。

▶︎公式サイトで詳細を見る

 

 動画を再生するのにPCが必要になるVRゴーグル

アダルトVRを体験するには過剰スペックとも言えるのが、PCに接続するタイプのゴーグル。PCスペックも高性能なものが必要でPCとゴーグル両方本格的に集めると30~40万とかかかったりします。

ゲーミングPCと呼ばれるハイスペックPCを要求されるので、普段使っている平凡なPCでは無理ゲー。正直アダルトVRを楽しむために用意するのはおすすめできません。

値段の安さ
VR体験の質
おすすめ度
助手ちゃん
助手ちゃん
げ〜高すぎだよ〜!!
所長
所長
アダルトVRでここまでお金を出す必要は流石にないな。これはVRにどっぷりハマりたい人だけ利用すればいいさ。

VIVE Pro


HMDやコントローラーなどフルセットで約18万円もするシロモノ。最高級のVR体験をするためのものなので、VRの素人が手を出すべきではないですね。

これに高性能PC(20万前後)も用意しなければいけないのでやっぱり準備するのに40万円近くかかります。

PCの必要スペックも結構高いものが要求されるので注意。必要スペックがわからない人はVIVE Readyの認可をもらっているPCを用意しましょう。

項目 内容
プロセッサ Intel® Core™ i5-4590 もしくは AMD FX™ 8350 の同等品またそれ以上
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 1060 もしくは AMD Radeon™ RX 480 の同等品またそれ以上
メモリー 8 GB RAM以上
ビデオ出力 DisplayPort 1.2 以降
USB USB 3.0 以降 1口
オペレーティグシステム Windows® 10

▶︎詳しくはこちらをどうぞ

 

 Oculus Rift S


ゴーグルの値段を抑えるならこっち。Oculusシリーズならゴーグルの値段を約5万円まで抑えることが可能です。

ただしどちらにせよハイスペックPCを要求されるので予算はおよそ20万と考えてください。

Oculusシリーズの中では最もハイスペックであり、画質・トラッキング機能も優れていています。Questよりも軽めなのがポイント。

デメリットは本体スピーカーが貧弱なため音質が悪いこと。別途ヘッドセットを購入することになるでしょう。

所長
所長
逆に言うと、もしすでにゲーミングPCを持っている場合、本格的なVRをコスパよく体験できるってことだ。

Oculus Readyの認可をもらったPCを購入すればOculus RiftSやOculus Quest2のOculus Link時にしっかり動いてくれます。

項目 内容
プロセッサ INTEL I5-4590 / AMD RYZEN 5 1500X以上
メモリ 8GB以上のRAM
オペレーティングシステム WINDOWS 10
USBポート USBポートX1

対応GPUを確認したい場合はこちらの公式サイトを確認してください。

 

Valve index

ヘッドセット+コントローラーで約10万+ゲーミングPCで合計25~30万はかかるでしょう。

高価ですが高画質かつ高リフレッシュレートを誇るHMDです。指のトラッキングや握力センサーがあるのでVR界隈においても最上位なゲーム体験が出来る非常に優秀なマシンになっています。

ただしデメリットも複数あって、マシンが非常に重い(748g)こと、使っているとかなり熱くなる(50℃程)こと、その影響で眼鏡が曇ること、値段が高いのに筐体の一部(スピーカー部分やコントローラースティックなど)が脆いことなど、上級者向けになっています。

 

Windows MR

WindowsMRでもVR体験はできます。

できますが、2020年現在は全くおすすめできません

なぜなら2019年にマイクロソフトがVR事業から撤退したです。

Windowsの名を語りながらマイクロソフトが逃げ出したんですから、そりゃ別の企業もMR対応HMDなんて作れるわけないw

WindowsMR対応のHMDを購入するくらいなら、どう考えてもOculus Questを買ってスタンドアローンのHMDを体験した方が絶対に楽しめます。

そこそこの性能のゲーミングPCを所有しているならOculus RiftSでもいいです。

とにかく今更WindowsMRの環境を整える必要性は無いってことを頭に入れておいてください。

 


[PR]無料で見るならPICMO VR

無料でエロVR動画を見たい!だけど海賊サイトは画質が微妙だし、好みの動画は少ないし、何より違法だから何かないかなーっと思っているそこのあなた!

そんな時はPICMO VRを利用してみましょう。PICMO VRは初回月額見放題サービスに登録すると、登録後2週間の無料トライアル期間が付いてきます!もちろん期間内に解約すればタダ!

PICMO VRではアダルトVRはもちろん、グラビアVRアニメVRエンタメVRホラーVR釣りVRなどたくさんのVR動画が見放題になっています!

これら全てのジャンルのVR動画を合わせて1,000本以のVRタイトルを高画質で楽しめますよ。もちろんOculus Quest2でも視聴できます。

\2週間無料で体験できる!/

助手ちゃん
助手ちゃん
14日以内に解約(課金の停止)を行えば、料金が請求されることは100%無いよ!解約方法も簡単だから安心だね!

登録方法や解約方法はこちらの記事で説明しています


 

まとめ

ここまでVRゴーグルを一通り紹介しました。アダルトVR初心者におすすめできる入門用のゴーグルはこの3機種です。

  • スマホはめ込み型のVRゴーグル(1,000~5,000円)
  • Oculus  Quest2(約37,000~50,000円)
  • DPVR-4D(約34,000円)

どうしてもお金を節約したいなら最初はスマホはめ込み型のゴーグルで我慢すればいいでしょう。

しかし、もしお金に余裕があるならやっぱり「Oculus Quest2」が入門用としては万能で最強です。

スタンドアローン型での利用は快適。そして+1D連動したい場合はOculus Linkを使えば解決。

エロVRだけでなく通常VR動画やVRゲームなどあらゆる分野に対応している優秀なスタンドアローンHMDですよ。

 

エロVR動画にしか興味がない場合かつアダフェスの+1D連動グッズを利用する予定なら「DPVR-4D」という選択肢もおすすめになっています。

連動機能を使わない人でもひたすらアダフェスを利用するならこのスタンドアロンHMDが最強。

OculusGoが公式で販売終了になったりGearVRもサポート終了となってしまったため、VR黎明期と比べて状況が変わっています。

今からアダルトVRを始めるならこの3択から選んでみてください。

所長
所長
スタンドアローンHMDでは性能抜群のOculus Quest2が1強だ。GoもアダルトVRを見るだけならダメではないけど、いろいろ楽しもうとなったらQuest2だぞ。
助手ちゃん
助手ちゃん
しょちょー!あたしそれ買うからバイトの時給あげてね(はぁと
エロVRを見るならこのVR-HMDがおすすめ
Oculus Quest2
2020年秋現在スタンドアローン型HMDの最高傑作。ハイスペックゲーミングPCがあればtype-CのUSBを利用してPC接続型として使える「 Oculus Link」機能も健在。価格を初代より1万以上値下げしながら軽量化+スペックを上げてきたFacebookの本気の1作です。全ジャンルで遊べるまさに入門用に最適のHMD。
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
Adult Festa VR DL動画を視聴可能。+1D連動動画や月額見放題はPC接続(Oculus Link)時のみ可。
価格 ¥37,100(64GB)~¥49,200(256GB)

詳細ページショップで探す

DPVR-4D
エロVR特化のスタンドアローンHMD。アダフェス専用機として開発されたので、これ1台あれば+1D対応グッズと連携させることが可能。+1DのエロVRを見る予定の人に1番おすすめです。※DPVRとDPVR-4Dは別物なので注意しましょう
アダルトVR適性度
FANZA 視聴不可(DMMVRプレイヤーに未対応のため)
Adult Festa VR 全ての動画に対応。全ての+1D連動グッズに対応。
価格 ¥34,000(定価)

詳細ページショップで探す

Oculus Rift S
PC接続型HMDの中でコスパ最強のマシンがこちら。ゲーミングPC必須なので、PCを準備するだけでも15万〜20万の費用がかかります。なのでアダルト目的だけの場合はおすすめしません。ただし既に「VR Ready」もしくは「Oculus Ready」の認証をもらったPCを持っているならおすすめ。ライバルになる「HP ReverbG2」の発売がいつになるのか分からないのもポイント。
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
Adult Festa VR 全ての動画を視聴可能。
価格 ¥49,800(定価)

詳細ページショップで探す

 


「DMM.COM」のレンタルサービス。VRゴーグルも「VIVE Pro」や「GearVR」などレンタルに対応していて、HTC VIVE Pro+ PC レンタルキットも用意されています!最高レベルのVR体験を価格を抑えて味わいたいならこちらから!

助手ちゃん
助手ちゃん
1回お試しでPCVRの体験ができちゃうね!
関連記事