\VRと相性抜群!/

VRゴーグル(HMD)

Reverb G2を半年以上使ってみた自腹レビュー|映像美と操作性がトレードオフなVRヘッドセット

Reverb-G2-半年使用レビュー

HPのWindowsMR機器であるReverb G2を購入してから半年以上1年未満経ちました。

まだReverb G2に関するレビュー記事を書いていなかったのでそろそろこのタイミングで書いていこうかなと思い、今回記事にしていこうと決断。

アダルトVR用途やVRゲーム用途で使ってみてどうだったのかまとめているので、10万円未満のVRヘッドセットを探している人は参考にしてみてください。

初めてのVRを無料で体験する方法

これからアダルトVRデビューしてみたい人必見です。

無料でエロVRを体験する方法がFANZA(DMM)にあります。

助手ちゃん
助手ちゃん
え?無料で!?
しょちょー
しょちょー
おう、無料でw

これらのVR動画を無料体験できます

視聴するまでの手順はたったこれだけ!

  1. AmazonでVRゴーグルを購入(スマホの人)
  2. DMMアカウントを作成する(無料)
  3. DMMVRプレイヤーをダウンロード(無料)
    ※iOSの人はストアからも可。AndroidはDMMからのみ。
  4. 無料対象VR作品から見たい動画を追加する(無料)

VRゴーグルにはお金がかかってしまいますが、それさえ入手できればいつでもアダルトVRを楽しむことができます。

Oculus Quest2を買った人は①を飛ばしてOculus StoreでDMMアプリを導入後、②と④を実行すればOK!

助手ちゃん
助手ちゃん
FANZAなら常にセール中のVR動画を買えるよ!月額見放題もコスパ最強だね!

毎週更新の限定セール開催中

Reverb G2の仕様とスペック

項目 解説
本体サイズ 84×186×75mm(W×D×H)
対応規格 WindowsMR/SteamVR
画面仕様 2 x 2.89” LCD
解像度 2160 x 2160(片目)
リフレッシュレート 90 Hz
視野角 114°
(実測値:水平98°/垂直90°)
IPD 60~68mmで調整可能
トラッキング インサイドアウト 6DoF
重さ 約500g
カメラ 4カメラ
ケーブル 6m DisplayPort1.4
イヤホンジャック なし
定価 ¥65,780(税込)

Reverb G2が流行りのMeta Quest2やPICO4と大きく異なる点はWindowsMR規格であること、そしてPCVR専用ヘッドセットであることでしょうか。

WindowsMR規格のヘッドセットを販売していたFUJITSU・DELL・Acert・SAMSUNG・Lenovoといったメーカーが撤退しているなか、未だに頑張っているのがHP(ヒューレット・パッカード)です。

HPは2017年に「HP WMR headset」を発売。その後2019年に「HP Reverb」を新しく発売しました。そして今現役で使われているのが2021年に発売された「HP Reverb G2」です。

未だにプレミアム路線で人気を誇るValve Indexを開発したValve社の設計したレンズとスピーカーを搭載していること、片目あたり2160 x 2160のディスプレイ解像度かつフルRGBストライプなことなど、この価格帯では間違いなく高性能なスペックを誇ります。

引用:Microsoft ExpertZoneのFacebookより

一般的にストライプ配列はペンタイル配列よりも目で見て綺麗に見えます。例えばIndexやQuest2などがストライプ配列、Vive proがペンタイル配列となっていますが、スペック上の解像度が同じでも拡大した時の文字の見やすさはストライプ配列の方が明確に優っています。

Reverb G2の本体周辺をレビュー

それではレビューしていきます。まずは本体機器や付属品まわりを見ていきます。

本体機能

フェイスパッドを外した状態の本体。フェイスパッドを装着するときはマグネットによって楽に装着可能。もちろん外す時もすぐに外せます。

頭に固定するためには前後にベルトをスライドさせてヘッドパッドをガシッとさせます。上部についているテープで頭頂を固定。

固定力はまずまずですが、装着していると少し緩くなるかも。プレイ中に自分でグッとキツくすることが多々あり。この辺りはPICO4やMeta Quest Proのダイヤル式の方が固定力は高いですね。

フェイスパッドを装着。クッション部分の圧力吸収性は普通。ガシッと強めに固定するとやはり圧迫感があるのは否めません。

実は純正フェイスパッドを装着すると視野角がスペック表の数値よりも下がります。出っ張りが広いんですよ。メガネスペーサーを装着するとどのHMDでも基本視野角は下がるんですよね。原理はそれと一緒。

最大限に視野角を発揮させたいならサードパーティ製のフェイスパッドを購入しなければいけません。しかしマイナー機種なのもあってサクッとAmazonでパーツを購入できない。これが厄介です。

サブ機として使う分にはそこまで気にしないのですが、もしメイン機として使ったりレーシングシミュレーターの相棒として使うなら自分で改良したほうがいいと感じましたね。

スピーカーは耳と密着型ではなく、スペースが空いていてサラウンドに聴こえる仕様。VRヘッドセット史上最高クラスのスピーカーはValve Indexという世間の評価なのですが、Valveが設計しているスピーカーなのでこちらも良い。

管理人はValve Indexを使ってこなかったのと使う予定もないので比較することはできないのですが、両方使用している人によるとIndexの方が良いとか…??

しょちょー
しょちょー
ほんまかいな。同程度じゃないんか?笑

裏側にはIPD調整するためのスライダーが付いています。パッと見だとQuest2のように3段階調整に見えますが、どこでも止めることができるので細かい調整が可能。

ただ調整範囲は60~68mmとなっていて70mmに合わせることができないのはちょっとマイナスかも。人によっては70~72mmくらい欲しい人いるよねってこと。

しょちょー
しょちょー
俺は66mmくらいで安定だから大丈夫。

コントローラー

「Reverb G2でもっともクソなところはどこか?」と聞かれたら「WindowsMR規格なこと」と同じくらい「コントローラーが使いにくい」と答えたくなります。

握っていてバランスが悪い。バランスが悪いから持ちながらボタンを押すのに変な労力がかかる感じ。その点Quest2やPICO4のコントローラーはそれなりに優秀です。

やはりReverb G2のコントローラーだけやたらとデカいし主張が強い。この中で比較すると使い勝手はReverb G2コン<PICO4・Quest2コン<<Quest Proコンってところですかね。

Reverb G2コンは1点気をつけなければいけないことがあって、それはタッチセンサーが付いていないこと。

旧WindowsMRコントローラーはタッチパッド付きのコントローラーだったのですが、Reverb G2コンは物理ボタンA・Bが追加されタッチパッドは廃止されてしまったという。

全体的にコントローラー周りには不満がありますね。使っているとコントローラーバインド設定がMeta Questと乖離していてゲームによっては一部操作が効かなかったりやりづらかったり。大きな課題です。

 

Reverb G2で実際に遊んでレビュー

ここからは実際にReverb G2で遊んでみてのレビューをしていきます。まず最初に結論を言ってしまうと、Steamとの繋がりがエラーで落ちてしまう率が高く安定性という意味ではMetaよりもずっと下です。

これはおま環が原因なのか正確にわかりません。ですがPICOストリーミングアシスタント、VirtualDesktopストリーマーなどが阻害してエラーになってしまうことがあったり、コンテンツを起動しても落ちてしまうといったストレスのたまることが頻繁に起きます。

WindowsMRでそのまま起動できるコンテンツと比べて、Steamで起動するコンテンツは安定感が薄れるのがデメリットです。

VRレースゲーム

VRのレーシングゲームは普段プレイしないので、Steamにある『Automobilista 2』の体験版をとりあえずダウンロードして起動してみました。

クリックで拡大

VRAMは10GB前後の消費程度なので意外と軽め?もしかしたらゲーム内のオプションから画質設定できたかも。デフォルトで起動した状態です。

とりあえずレース中の映像をReverb G2のレンズ越しに直接iPhone13Proで撮影してみました。

クリックで拡大
助手ちゃん
助手ちゃん
Reverb G2のレンズ越し撮影はMeta QuestやPICO4と比べてなんか難しいからピントがバシッと合わないよ…。

レーシングゲームする場合はVRコンを使いません。基本的にハンコンを使うのでReverb G2の弱点であるコントローラーからサヨナラできるのはありがたい。

強みであるHMDだけを活用できるので良いとこ取り。シミュするならReverb G2が優先的に選ばれる理由がわかります。

ただSteamVRとの繋がりが不安定なのが玉に瑕。今作プレイ中にReverb G2コンのWindowsボタンを押してしまうとゲームが止まってしまい復帰できなくなったり。

不用意な操作をするとSteamVRが途切れてしまい、挙句の果てにバグって再起動するハメになりました。それも複数回。

しょちょー
しょちょー
例えば外部アプリでVRAM消費を見ようとすると色々挙動がヤバくなるんよ…。あとReverb G2コンでWindowsボタン押すとSteamVRがフリーズしたり…。
助手ちゃん
助手ちゃん
WindowsMRの弱点が出てる〜。

カスタムオーダーメイド3D2

全編VRで遊べるVRエロゲといえば『COM3D2(カスタムオーダーメイド3D2)』です。なんだかんだVRでプレイするならこれが1番好き。

管理人はMODの1つ「Gripmove Plugin」を導入しているので公式のタブレット操作ではありません。

【COM3D2.5】VRの操作性を上げるMOD Gripmove Pluginで快適にプレイしよう【オダメ】COM3D2(カスタムオーダーメイド3D2)及びハイポリボディ対応版のCOM3D2.5をVRでプレイする予定の人、またはVRでプレイして...

これを採用するとMeta QuestやPICO4では快適にプレイできるのですが、Reverb G2はどうなのかというと……かなり操作しづらくなります。

Aボタンを押しながらコントローラーを少し動かすことで慣性的な移動が可能なのですが、めちゃくちゃオワッてるレベルの操作感。慣れればギリプレイできるけどバインド設定をいじらないとダメなレベル。

なのでMODをいっさい導入していないゲームフォルダを用意して操作確認してみました。

こちらが公式での操作。ゲーム内タブレットを使ってメニューを操作します。このメニューの操作は円滑にプレイできたのですが、別の問題が発生。

その問題とはカメラの方向転換ができないこと、それとグリップムーブが絶望的にやりづらいこと。

スティックが全く機能しないので、プレイヤーが座った状態でゲーム内の左右確認するのがしんどい。グリップムーブはトリガー押しながらAボタンでほんのちょっと動くだけ。

全体的にMeta Questでプレイする時と比べて操作感が悪化しています。これがReverb G2コンのダメなところ。自力でコントローラーバインド設定を最適化できる人でないとストレスがたまります。

クリックで拡大

映像が綺麗なのは間違いないんですが、デフォルト状態だと操作云々が大きな足枷になっていますね。

何も考えずに最初から快適プレイしたいならMeta QuestかPICO4を選択した方が初心者は良さそう。

コンテンツ量はSteamVRに繋げられるのと、OpenXRランタイムの設定をWindowsMRにちゃんとすることでWindowsMRでもUnity系のゲームができる。だからDLsiteで買ったコンテンツもMeta専用でなければ遊べることが多いので悪くないです。

普段Metaを使っているとOpenXRの設定があっちになっているので注意。再びMetaに戻したいならPCのMetaアプリから設定できます。

アダルトVR動画

とりあえずFANZAのVR動画を視聴します。FANZAのVR動画をReverb G2で見る方法は2通り。

  • WindowsMR版DMM動画プレイヤー:ストリーミング再生のみ。位置調整・ズーム・色味調整が可能。コントローラー操作が効く
  • SteamVR版DMM動画プレイヤー:ダウンロード再生可能。UHQ画質OK。調整機能なしでコントローラー操作が効かない。

こんなメリットデメリットがあります。管理人はダウンロードしてUHQ動画をじっくりみたい派なのですが、Reverb G2の場合Steam経由で見るとコントローラーが効かない問題に直面します。

Reverb G2でFANZAを見るならUHQの制限があるとはいえWindowsMR版のDMM動画プレイヤーを使った方が快適ですね。

左がWindowsMR版、右がSteamVR版です。WindowsMR版でもUHQに点がついていますが、ストリーミング再生ではHQまでしか選べません。UHQはダウンロード専用です。

長年使っているとはいえ「自分が間違っているのではないか?」と不安になりSNSで調べてみましたがやっぱりストリーミングではHQまでですよ。

助手ちゃん
助手ちゃん
アプリ内の画質設定でもストリーミングはやっぱりHQが上限だったよ。

ってことでHQ動画をWindowsMR版でストリーミングで再生してみます。

クリックで拡大

【VR】伝説の美少女‘河北彩花’がもてなすオール5つ星 超高級風俗マンションへようこそ』より

しょちょー
しょちょー
なんか普通に綺麗なんだわ☆

グラボのパワーとDisplayPortの安定性と解像度の高さとコントラストの良さの恩恵もあってか、HQでもなんだかんだ普通に綺麗にみれますね。冷静になってみるとReverb G2でダウンロードしたUHQ動画を見たいからってSteamVR版の方を利用するのは実は損する選択かも。

WindowsMR版ならMeta Quest版のDMMアプリと同じで向きをすぐに調整できる位置合わせボタンやズーム・色味設定ができるのも快適視聴を助けてくれる。

UHQみたい人には微妙ですが、スペックの高いPCVRなのでHQでも及第点を超えてきます。FANZAの動画をストリーミング再生で見る用途ならReverb G2は優先的な選択肢に入ってくるでしょう。

しょちょー
しょちょー
もしダウンロードしたUHQをPCVRで見たいなら最適はMeta Quest Pro。その次にPICO4のVirtual Desktopだな。もちろんQuest2でもいいと思うぞ。

なお、アダフェスでダウンロードした動画を再生するならDeoVRを使えるので快適に視聴することができます。

その他コンテンツ

Skyrim VR

クリックで拡大

デフォルト操作でも普通にプレイできるSkyrim VR。有名コンテンツなこともあってコミュニティにはReverb G2用のおすすめキーバインドが用意されているので操作で苦戦することはあまりなさそう。MODも種類がたくさんあるのでね。

Quest2よりも映像美とサウンドの迫力で優っているのでこういったコンテンツをプレイするのにReverb G2は強い。Skyrimのゲーム内の背景がキレイなこともあってReverb G2の性能を遺憾なく発揮している印象です。

しょちょー
しょちょー
Skyrim VRはMeta QuestよりReverb G2優先で遊んでたぞ。

2Dエロゲ

これはスクショ

VR機器を装着すれば2Dの紙芝居エロゲを寝っ転がりながらプレイできます。正直これ系のエロゲはデスクに座ってプレイするのは怠い。なので寝っ転がってノートPCで遊ぶかVR被って天井見ながらプレイするのが快適です。

こっちが直撮り

Reverb G2の場合WindowsMRホームでモニターを映すかSteamVRホームでモニターを映すかの2択。どっちが快適かといえばSteamVRの方。

他の記事でも何度か触れたことがあるんですが、2DエロゲをVR機器で遊ぶなら快適性はMetaホームでプレイするのが1番です。拡大縮小や位置合わせなど、UIが最も優れているのはMetaです。

なので管理人はReverb G2があってもMeta Quest2を使って遊んでいたんですが、2022年10月末にMeta Quest Proをゲットしたため今はQuest Proを採用していますね。

Metaはグリップ+Aボタンを押すと窓1つ摘出して拡大縮小や位置合わせが簡単にできます。モニターに全画面表示していなくてもこのようにでっかく表示できる。いろいろMetaの方が使いやすいです。

VRSNS

VRCやclusterなどのVRSNSではReverb G2が不利とされています。理由はシンプルにコントローラーの操作性が悪いこと。その1番の原因となっているのがReverb G2コンにタッチセンサーが非搭載なことです。

PICO4やMeta Quest2でできることがReverb G2ではできないのでVRSNSをメイン用途にする人が買うべきVRヘッドセットではありません。

まぁ、既にValve Indexを持っているならベースステーションとIndexコンがあるのでキメラ構成で使える

VRSNSユーザーでReverb G2を考慮しているのならこちらの方のnoteを読んで見ると参考になるかも。

 

セール情報まとめ

FANZAでセール開催中!

FANZAでAV大好きキャンペーンが開催中。第4弾は2月3日まで30%OFFとなっています。


SODグループの動画がセールになっています。たくさんの動画が2月1日まで30%OFFなのでチェックしておきましょう。

また同時に2月1日までブランドストア30%OFF(毎週更新)が開催中。こちらもチェックしておくといいですよ。

 

アダフェスでもセール中!

アダフェスの8KVRも対象!熟女作品がセール対象になっています。対象動画が2月2日まで30%OFFになっているのでスペック足りている人はお安く8KVR試すチャンスです。


ModelTV参入記念が開催。台湾トップ女優のVR動画がアダフェス独占で公開中。20%ポイント還元が2月2日までとなっています。


アダフェス今週の1本はこちら。SODVRのエステ動画が2月1日まで50%OFFになっています。

Reverb G2のレビューまとめ:用途によって良し悪しがハッキリしすぎる

用途 評価
アダルトVR動画
VRゲーム
レーシングゲーム
VRSNS
良いところ

高解像度
良好なコントラスト
良質スピーカー&マイク
DisplayPortの安定感
FANZAに公式対応している

悪いところ

WindowsMR規格
純正フェイスパッドは視野角が狭まる
コントローラーの質が良くない
トラッキング精度は微妙
バインド設定の変更が度々求められる
SteamVRとの連携がバグりやすい

公式でWindowsMR版DMMプレイヤーに対応しているのでFANZAを快適に視聴できること、高解像度でコントラストに優れた映像美を堪能できること、DisplayPort接続で安定感あることからアダルトVR用途に向いています。スピーカーが良いのも後押し。

弱点であるコントローラー関連を無視できるレーシングゲーム系もまたReverb G2とは相性がいいと言えます。ハンコンを使ってプレイするのでReverb G2のメリットである映像美だけを摘むことができる。残念なコントローラーはポイっで。

レーシング系のゲーマーって中級者以上になると高いモニター3つ並べて遊ぶ人も多数いますよね。あれはあれで迫力あるんですが、コストとスペースの確保がけっこうキツかったり。VRなら省スペースで遊べるのがいいですよ。

一方でVRSNSや普通のVRゲームに関してはコントローラー問題がほぼ必ず付随してきます。WindowsMRの普及率が低く、その中でさらに特殊なコントローラーのReverb G2は本当にマイナー機種。

引用:UploadVRより

2022年12月のSteamVRのユーザーを調査した結果がこちら。WindowsMRの割合が5%。実はReverb G2がセールで$300で買えたことからユーザーが増えているという調査結果なのですが、それでも全体で見るとわずか数%ほど。

Metaユーザーが過半数を超えていて圧倒的に多いのこのデータ示す通り、やはりメインストリームはMetaなのです。コンテンツ製作側はMetaやVive系のコントローラーに注意を払えば基本OKでWindowsMRまでカバーするのは労力がかかる。ましてやReverb G2なんてもってのほか。

だからバインド設定の変更を自分でやる労力がかかりますね。メジャーなSteamVRコンテンツだったらコミュニティにユーザーがバインド設定を公開しているのでまだ助かります。ですがマイナーコンテンツだと苦戦必至。覚悟してください。

それとトラッキング精度が低いとよく言われていますが、これは確かにその通り。座って使っている時にコントローラーを下に落としてしまうと、トラッキングが失われてしまう。そういった経験はReverb G2でしか体験したことがありません。トラッキングの範囲は他のメジャーなVR機器よりも狭いですよ。

助手ちゃん
助手ちゃん
で、結局Reverb G2は買ってもいいVRヘッドセットなのかな?
Reverb G2は買うべきか?

アダルトVR目的:買ってもOK。WindowsMR版で快適にみれます。ただしFANZAの場合UHQは制限されているのとストリーミング再生専用なので回線速度には注意。アダフェスもダウンロード再生で見れます。

レーシングやシミュレーター目的:買ってもOK。高解像度と良好なコントラストの恩恵を受けられます。Reverb G2のコントローラー要らずなので快適。ハンコンを用意すれば楽しい運転ができます。ただし酔い耐性はある程度必要

VRゲーム目的1台目として買うのはやめておけ。サブならOK。コントローラーでストレスがたまることがボチボチあるのとSteamVRとの連携の安定性が低め。

VRSNS目的1台目として買うのはやめておけ。キメラ構成ができるならOK。

もし1台目のメイン機として買うか考えているなら、上にまとめた通り用途次第ではOKです。ただ初めてVR機器を買うならスタンダードなMeta QuestかPICO4の方がいいでしょう。

もちろんReverb G2のメリットデメリットを理解した上で1台目として買うなら止めません。ただ最初はMeta Questがおすすめ。ユーザー数が圧倒的に多く、情報がネットにかなり出回っているのでVRの基礎を知ることができます。

created by Rinker
Meta
¥58,500
(2023/01/31 15:48:21時点 Amazon調べ-詳細)

Meta Quest2でアダルトVRを見る方法まとめ|FANZAやアダフェスなど基本的なノウハウこの記事ではMeta Quest2(Oculus Quest2)でアダルトVR動画を見るための方法をどこよりも詳しく説明しています。スタンドアロンでの視聴方法、Oculus Linkを使ったPCVRでの視聴方法をしっかり書いているので参考にしてみてください。...

お金があるならMeta Quest Proがおすすめ。

Meta Quest Pro レビュー
【自腹忖度なし】Quest Proのレビュー|発色がめちゃくちゃ良くなって画質は上がったが22万は少し高い2022年10月26日にMeta Quest Proが発売しました。Quest Proは22万円で個人向けではないシロモノになっています...

PICO4でもいいのですが、こちらは単体でFANZAに対応していないので注意。VRSNSや SteamVRを遊ぶ目的なら選択肢に入ります。

created by Rinker
PICO
¥46,500
(2023/01/31 19:28:40時点 Amazon調べ-詳細)

Pico4 レビュー アダルト
【忖度なし】Pico4のレビュー|アダルト目的(FANZAやエロゲ等)で使える?他機種との比較もしてみた2022年10月7日に発売された『Pico4』ですが管理人も発売前から予約し当日朝にゲットできました。 軽くてパンケーキレンズでコ...

これらのHMDとReverb G2を使ってアダルトVR動画の見え方比較をしているのでこっちの記事も参考にしてみてください。

アダルトVRの見え方比較
【2023年版】アダルトVRの見え方比較|Quest2/PICO4/Reverb G2/Quest Pro/スマホVRこれからVRデビューしてみたい初心者さんや今使っている古いVRデバイスを買い替えたい方に向けての記事です。 今回はVRヘッドセット...

なお、管理人はPICO4に関してクソ個体を掴まされたのか、左スピーカーが初期不良で完全ぶっ壊れかつレンズのフレアが目立つのでアンチ側に立っています…。

2022年に買ってよかったor微妙だったコンテンツ・VRデバイス・一般ガジェットを紹介2022年ももうすぐ終わり。今年もVRコンテンツやデバイスをそこそこ購入しました。 そこで今回は今年買ってよかったものと微妙だった...
しょちょー
しょちょー
この記事でPICO4とPICONeo3LINKは微妙だった側にカウントしてるぞっ。
助手ちゃん
助手ちゃん
Reverb G2は良かった側じゃん。

なんでも無難に扱えるMeta Questと違ってReverb G2は良いところと悪いところが両方強い主張してきます。メイン機として使うには心許ない。でもサブ機として使えば十分戦力になります。それを把握した上で購入すればきっと楽しいVRライフになると思いますよ。

以上、特定の用途でのみおすすめできるReverb G2のレビュー記事でした。

アダルトVRを見るならこのVRヘッドセットがおすすめ
Meta Quest2
2023年時点でスタンドアローン型VRヘッドセットの最高傑作がMeta Quest2。8月から値上げでお得感は確かになくなりましたが、それでもアダルトジャンルならコイツが万能。PCVRもエロゲもMetaが主流になってきているのもあり入門用に最適のHMDです。
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
アダフェス ストリーミング(条件あり)及びDL動画を視聴可能。
+1D連動動画や月額見放題はPC接続(Oculus Link)時のみ可。
価格 ¥59,400(128GB)
¥74,400(256GB)

詳細記事を読むショップで購入

DPVR-4D Pro
アダフェスのVR動画に特化したスタンドアローンHMDが強化されて帰還。
両眼で4Kの解像度はQuest2より僅かに上。ただしSoCは「Snapdragon XR1」と1ランク劣るので注意。
アダフェスとのコネクトのしやすさは変わらず+1D連動も可能です。なお、FANZAには対応していないので注意
アダルトVR適性度
FANZA 視聴不可(DMMVRプレイヤーに未対応)
アダフェス 全ての動画に対応。全ての+1D連動グッズに対応。
価格 ¥44,800(アダフェス)

詳細記事を読むショップで購入

Reverb G2
現状発売されているヘッドセットの中でも解像度が上位クラスのものです。画質に特化しているのでアダルトVRを体験するのにはもってこい!
ただし快適に使用するには高性能のGPUが搭載されたゲーミングPCが必須なので気を付けましょう。ただアダルト動画を見るだけなら多少妥協したスペックでもOK。
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
アダフェス 全ての動画を視聴可能。
価格 ¥65,780

詳細記事を読むショップで購入

Pico4
Quest2のライバル機が登場。スタンドアロンではFANZAの動画を見れないのが致命的欠点ですが、パンケーキレンズ採用で内側の視野角が広い。これがアダルトと相性グッドです。しかも装着感が軽い。
PCVRは公式のPicoLink経由だとゴミですが、Virtual Desktop+Wi-Fi6環境だとかなり優秀になります。
アダルトVR適性度
FANZA スタンドアロン時視聴不可
PCVR時:視聴可能(コントローラー問題もVirtual Desktop導入で解決)
アダフェス スタンドアロン時:DL動画を視聴可能
PCVR時:全ての動画を視聴可能
価格 ¥49,000(128GB)

詳細記事を読むショップで購入

関連記事