\VRと相性抜群!/VORZE・A10サイクロンSA、ついに再販開始!

VRゴーグル(HMD)

SKYWORTH4D PROは買うべき? メイン機種と比較した結論がこちら【アダフェス/4K】

SKYWORTH_4D_PRO 買うべき

ほぼアダフェス専用機として発売されていた「SKYWORTH4D」や「DPVR-4D」の後継機として新デバイスが登場しました。

その名も「SKYWORTH4D PRO」

助手ちゃん
助手ちゃん
PROってことはパワーアップされてそう

今作「SKYWORTH4D PRO」では旧デバイスと比べてディスプレイ解像度やプロセッサー(チップ)などがパワーアップされています!

どれくらい強化されているのか気になりますよね?

ということで、この記事では旧デバイスやOculus Quest2と比較しながら「SKYWORTH4D PRO」を買うべきか説明していきます。

しょちょー
しょちょー
Oculus Quest2以外におすすめできるスタンドアローンHMDとしての地位を確立できるのか!?

 

初めてのVRを無料で体験する方法

これからアダルトVRデビューしてみたい人必見です。

無料でエロVRを体験する方法がFANZA(DMM)にあります。

助手ちゃん
助手ちゃん
え?無料で!?
しょちょー
しょちょー
うん、無料でw

無料でアダルトVRこれらのVR動画を無料体験できます

視聴するまでの手順はたったこれだけ!

  1. AmazonでVRゴーグルを購入(スマホの人)
  2. DMMアカウントを作成する(無料)
  3. DMMVRプレイヤーをダウンロード(無料)
  4. 無料対象VR作品から見たい動画を追加する(無料)

VRゴーグルにはお金がかかってしまいますが、それさえ入手できればいつでもアダルトVRを楽しむことができます。

Oculus Quest2を買った人は①を飛ばしてOculus StoreでDMMアプリを導入後、②と④を実行すればOK!

助手ちゃん
助手ちゃん
FANZAなら常にセール中のVR動画を買えるよ!月額見放題もコスパ最強だね!

 

SKYWORTH4D PROの性能と比較

「SKYWORTH4D PRO」の性能を確認しつつ、ライバルになり得る他のスタンドアローンHMDとの比較をしていきます。

しょちょー
しょちょー
この記事を読めば各HMDの性能差・位置づけがわかるぞ

性能表

項目 SKYWORTH_4D_PRO 買うべきSKYWORTH4D PRO
解像度(片眼) 1920×2160
トラッキング 3DoF
リフレッシュレート 72Hz
IPD調整 固定
ストレージ 32GB
256GBのMicroSDカード可
SoC snapdragon 821
重量 310g
RAM 3GB
オーディオ 内蔵スピーカーとマイク、イヤホンジャック
無線 Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth4.1
視聴可能サイト Adult FestaVR
XCITY
価格 34,800円(先行販売価格)

このデバイスではFANZAのアダルトVR動画を視聴できません。DMMVR動画プレイヤーを導入できないのでFANZAには未対応です。

前作DPVR-4DやSKYWORTH-4Dとの比較

DPVR-4DとSKYWORTH-4Dの中身はほとんど一緒です。

ここでは旧作「SKYWORTH-4D」と「SKYWORTH-4D PRO」の比較をしていますが、SKYWORTH-4D ≒ DPVR-4Dと考えてください。

項目 SKYWORTH_4D_PRO 買うべきSKYWORTH4D PRO
SKYWORTH_4D_PRO 買うべきSKYWORTH-4D
解像度(片眼) 1920×2160 1280×1440
トラッキング 3DoF 3DoF
リフレッシュレート 72Hz 72Hz
IPD調整 固定 固定
ストレージ 32GB
256GBのMicroSDカード可
16GB
256GBのSDカード可
SoC snapdragon 821 ALLWINNER VR9
重量 310g 386g
RAM 3GB 2GB
オーディオ 内蔵スピーカーとマイク、イヤホンジャック 内蔵スピーカーとマイク、イヤホンジャック
無線 Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth4.1
WiFi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.2
価格 34,800円
(先行販売価格)
34,800円

画面解像度が大幅上昇

旧デバイスと比べて「SKYWORTH-4D PRO」の1番の変化は解像度が2.5K→4Kへと進化を遂げた点でしょう。

アダフェスの高画質アダルトVRを楽しむ上でこの強化は素直に褒められる点です。

 

SoCが強化

SoCはCPUやGPUなどが一体化されたチップのことです。

これがALLWINNER VR9→Qualcomm snapdragon 821(スナドラ821)に強化されたことでパワーアップしました。これは2016年下半期のハイエンドスマホのスペックです。

 

軽量化に成功

VRゴーグルを被ったときに重さはめちゃくちゃ重要です。

フィット感ももちろん大事ですが、HMDが重いと顔が痛くなるので長時間の動画を視聴する際には軽い方がいい。

 

Wi-Fi5に対応

Wi-Fi5規格(ac)に対応しました。これまでb/g/nにしか対応していなかったのですが、acに対応したことで通信速度が大幅に改善されます。
※ac対応の回線とルーターが必要です。

 

ちょっとしたゲームも遊べる

PROでは3DoF用のちょっとしたVRゲームに対応しているとLIVECITYの商品ページに書いてありました。

旧デバイスではゲームに対応していないので、純粋にVR体験の質が上昇します。

 

 Oculus Quest2との比較

2021年時点でもっともスタンダードなオールインワンVRヘッドセット「Oculus Quest2」との比較です。

項目 SKYWORTH_4D_PRO 買うべきSKYWORTH4D PRO
Oculus Quest2
解像度(片眼) 1920×2160 1832×1,920
トラッキング 3DoF 6DoF
リフレッシュレート 72Hz 72〜120Hz
IPD調整 固定 58⇆63⇆68の3段回
ストレージ 32GB
256GBのMicroSDカード可
64GB
256GB
SoC snapdragon 821 Snapdragon XR2 5G Platform
重量 310g 503g
RAM 3GB 6GB
オーディオ 内蔵スピーカーとマイク、イヤホンジャック 内蔵スピーカーとマイク、イヤホンジャック
無線 Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth4.1
WiFi 802.11 b/g/n/ac/ax
Bluetooth 3
価格 34,800円
(先行販売価格)
64GB:¥37,180
256GB:¥49,280

解像度でわずかに勝利

ディスプレイ解像度においては「SKYWORTH-4D PRO」の方が「Oculus Quest2」よりも少し高い数値になっています。

動画視聴用のデバイスとして使うのでこれは素直に褒められますね。

 

圧倒的軽さ

「SKYWORTH-4D PRO」と「Oculus Quest2」の重さを比較してみてください。

その差は約200gと動画視聴においてかなりのアドバンテージを得ることができると言えます。動画しか見ない人にとっては嬉しいポイントです。

 

性能では負けている

「SKYWORTH-4D PRO」も動画用のスタンドアローンVRデバイスとしてはかなり優秀です。

しかし「Oculus Quest2」はディスプレイ解像度以外で大きなメリットがあります。

  • 6DoFであること
  • SoCがSnapdragon XR2(Snapdragon 865に相当)
  • メモリが6GBであること
  • 120Hzまで対応できる
  • 無線でPCVRとして使える(Air Link機能が追加)
  • Wi-Fi6規格(ax)に対応

この性能差があるにも関わらず、価格が64GBで税込37,180円とまさに破格。開いた口が塞がらないレベルです。

しょちょー
しょちょー
実際に利用してみるとわかるこの凄さよ

 

PicoG2 4Kとの比較

項目 SKYWORTH_4D_PRO 買うべきSKYWORTH4D PRO
SKYWORTH_4D_PRO 買うべきPicoG2 4K
解像度(片眼) 1920×2160 1920×2160
トラッキング 3DoF 3DoF
リフレッシュレート 72Hz 75Hz
IPD調整 固定 固定
ストレージ 32GB
256GBのMicroSDカード可
32GB
256GBのMicroSDカード可
SoC snapdragon 821 Snapdragon 835
重量 310g 276g
RAM 3GB 4GB
オーディオ 内蔵スピーカーとマイク、イヤホンジャック 内蔵スピーカーとマイク、イヤホンジャック
無線 Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth4.1
Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth 対応
価格 34,800円
(先行販売価格)
36,300円

動画専用機としてはちょっぴり不利か

今発売されている中でもっともハイスペックな3DoFのスタンドアローンHMDである「PicoG2 4K」には全体的なスペックで少し及ばないことがわかります。

SoCも「snapdragon 821」が2016年下半期のハイエンドスマホ、「Snapdragon 835」が2017年下半期のハイエンドスマホに相当します。

ディスプレイ解像度は並んでいるので頑張った方ですね。

 

SKYWORTH-4D PROの利点は?

HMDでネットサーフィンしたりAmazonプライムビデオを視聴する場合は「PicoG2 4K」に軍配が上がります。

しかし、アダルトVR動画を視聴するという1点に関しては「SKYWORTH-4D PRO」の方が良さそう。

デフォルトで「Dimension Player」が搭載されていて、LPEGPOINTアカウントにログイン可能なのは旧デバイスと一緒。

つまりAdult Festa VR(アダフェス)でアダルト動画を購入する人は、こっちをPROを購入した方がスムーズに動画を視聴できるメリットがあります

助手ちゃん
助手ちゃん
+1D連動にも対応だし、A10サイクロンSAやU.F.O.SAを所有しているユーザーさんにもおすすめだね!

 

セール情報!

スプリングセールが各サイトで開催中です。

FANZAでは常にセールを開催中!過去の人気作がセール対象に!?

アダフェスでは新世代スタンドアローンHMDの予約受付が延長中!

性能的には「PicoG2 4K」にかなり近いものとなっています。ディスプレイ解像度だけならOculus Quest2より少しだけ上!

DLsiteでも大特価セール開催中!最大90%OFFのチャンス+クーポンも定期的に配布中。

成年コミック、エロ漫画、エロ小説 のダウンロードショップ - DLsite Books

日本人無修正VR動画のカリVRも楽しめるカリビアンコム

 超VIP会員割引クーポン:2JPEHY5D

各サイトのセールイベントを駆使して退屈な連休を上手く過ごしましょう。

まとめ:SKYWORTH-4D PROを買うべきか?

2020年10月にOculus Quest2が発売されてから、DPVR-4DやSKYWORTH-4Dを積極的におすすめできなくなってしまいました。

なぜならこのデバイスを買うお金に+1万円を追加で払えば、6DoFのVRをそこそこ高クオリティで体験できるOculus Quest2が手に入ってしまうからです。

助手ちゃん
助手ちゃん
どう考えてもOculus Quest2買うのがお得だよね

しかし、この「SKYWORTH-4D PRO」の発売によってアダルトVR動画視聴用HMDのチョイスに変化が訪れたかもしれません。

結論:アダフェスユーザーや+1D連動ユーザーは買ってもOK

結論としてはアダフェスユーザー・+1D連動ユーザーは買ってもいいでしょう。

注目ポイント

デフォルトで+1D連動が可能
デバイスとして軽い
Oculus Goは販売終了している

同じ動画視聴用VRデバイスの「PicoG2 4K」では普通に使っても+1D連動に未対応です。

公式の方法で+1D連動するには「Dimension Player」か「4D Media Player」での再生が条件になります。

デフォルトでこの再生プレイヤーが搭載されている「SKYWORTH-4D PRO」はまさに新世代の連動用HMDとして最適だということです。

 

また、デバイスの重さに関しても非常に軽い。

「PicoG2 4K」よりは重いですが「Oculus Quest2」と比べてかなり軽いので、疲れにくいメリットがあります。

「Oculus Quest2」を動画視聴専用機として使う場合、その重さがネックになり軽い気持ちで被るのにはあまり向いていない弱点があります。

毎日習慣的に利用を考えるならこの軽さは大きなアドバンテージになること間違いなしです。

 

本来なら動画視聴用のデバイスとして「Oculus Go」も+1D連動可能かつFANZAに対応しているのでチョイスに入ります。

ですが、すでに販売終了・サポート期間も残り少しなので今さら購入の選択肢には入りません。

それなら画質が大幅に向上した「SKYWORTH-4D PRO」を購入した方が間違いなく満足できます。

FANZAのVR動画が見たい人は?

しょちょー
しょちょー
え?どうしてもFANZAの動画が見たい?

FANZAのVR動画を視聴したいなら「Oculus Quest2」を選びましょう。その方が幸せになれます。

アダフェスで購入すればお得にゲットできる

ということで購入してみたいと思った人は、アダフェスのセット商品を購入しましょう。

高画質のアダルトVR動画が複数本ついてくるのでアドです。

エロVRを見るならこのVR-HMDがおすすめ
Oculus Quest2
2021年現在スタンドアローン型HMDの最高傑作。ハイスペックゲーミングPCがあればPCVRとしても使える「 Oculus Link」機能も健在。
価格を初代より1万以上値下げしながら軽量化+スペックを上げてきたOculus本気の1作です。全ジャンルで遊べるまさに入門用に最適のHMD。
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
Adult Festa VR DL動画を視聴可能。
+1D連動動画や月額見放題はPC接続(Oculus Link)時のみ可。
価格 ¥37,100(64GB)
¥49,200(256GB)

詳細記事を読むショップで購入

SKYWORTH-4D PRO
SKYWORTH_4D_PRO 買うべき
あのアダフェスのエロVR特化型スタンドアローンHMDが強化されて新登場。
4K解像度ディスプレイはOculus Quest2以上!そして重量も310gとかなりの軽さです。
もちろんアダフェスとのコネクトのしやすさは変わらず+1D連動も余裕!FANZAには未対応ですが、ポテンシャルは高いです。
アダルトVR適性度
FANZA 視聴不可(DMMVRプレイヤーに未対応のため)
Adult Festa VR 全ての動画に対応。全ての+1D連動グッズに対応。
価格 ¥34,800(先行価格)

詳細記事を読むショップで購入

Reverb G2
現状発売されているヘッドセットの中でも解像度が最高クラスのものです。画質に特化しているのでアダルトVRを体験するのにはもってこい!
ただし快適に使用するには高性能グラフィックボードが搭載されたゲーミングPCが必要なので気を付けましょう。
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
Adult Festa VR 全ての動画を視聴可能。
価格 ¥65,780(定価)

ショップで購入

関連記事