お知らせ

プロフィール画像を変更しました。今後吹き出しの画像(会話形式の画像)も少しずつ変更していく予定です。

\VRと相性抜群!/U.F.O. SA 標準バナー

初心者用VR入門

【PCVR入門】HMD(VRゴーグル)の選び方 トラッキング方式や解像度に注目しよう

PCVRを始めるに当たって必要なものが2つあります。

  • ゲーミングPC
  • HMD(VRゴーグル)

前回はこちらの記事でPCVRで今必要なスペックと具体的なゲーミングPCを紹介しました。

【PCVR入門】アダルトVRゲームに必要なPCスペックと選び方まとめ この記事はPCVRに手を出してみたい人が最初に読むべき記事です。 予算について PCVR用の...
助手ちゃん
助手ちゃん
ってことは今回はVRゴーグル選び??
しょちょー
しょちょー
おっ、そうだな

今回はPCVR用のHMD(VRゴーグル)をどうやって選ぶか、選ぶべきポイントとおすすめゴーグルを紹介していきます。

 

初めてのVRを無料で体験する方法

これからアダルトVRデビューしてみたい人必見です。

無料でエロVRを体験する方法がFANZA(DMM)にあります。

助手ちゃん
助手ちゃん
え?無料で!?
しょちょー
しょちょー
おう、無料でw

無料でアダルトVRこれらのVR動画を無料体験できます

視聴するまでの手順はたったこれだけ!

  1. AmazonでVRゴーグルを購入(スマホの人)
  2. DMMアカウントを作成する(無料)
  3. DMMVRプレイヤーをダウンロード(無料)
    ※iOSの人はストアからも可。AndroidはDMMからのみ。
  4. 無料対象VR作品から見たい動画を追加する(無料)

VRゴーグルにはお金がかかってしまいますが、それさえ入手できればいつでもアダルトVRを楽しむことができます。

Oculus Quest2を買った人は①を飛ばしてOculus StoreでDMMアプリを導入後、②と④を実行すればOK!

助手ちゃん
助手ちゃん
FANZAなら常にセール中のVR動画を買えるよ!月額見放題もコスパ最強だね!

ハロウィンキャンペーン開催中
セールに参加する

PCVR用HMD(ゴーグル)選びのポイント

さて、ヘッドセットを選ぶ前にまずは重要なポイントをおさらいしていきます。

ゴーグルを選ぶ前にちょっとした知識があった方が間違いなく良いでしょう。

3つのグループに分かれる

PCVRと言ってもざっくり3つの種類に分類されます。

助手ちゃん
助手ちゃん
つまり‥‥どういうことだってばよ?
  • Steam
  • Oculus
  • Windows MR

とりあえずざっくり分けてこんな感じに。別にメーカーで分けたりしているわけではありません。説明の便宜上分けさせていただきます。

Steam

「Steam VR」はValve社が立ち上げたSteamというPCゲーム販売サイトのアプリの1つです。

そしてちょっぴり古いけど有名なHTC VIVEはHTC社とValve社が共同開発して出来上がったヘッドセットです。

そのためここではValveとHTCのヘッドセットをSteamという括りにさせていただきます。

実際のところ、この2社以外にもSteamVRに対応しているHMDがほとんどですが、Steam内で販売されているVRゲームの中にはHTC VIVEに対応していてもOculus Riftに対応していないものがあったりします。

ほぼ完全対応しているのがHTC社の「VIVEシリーズ」やValve社の「index」になります。

HTC VIVE(2016) / HTC VIVE pro(2018) / HTC VIVE pro Eye(2019) / VIVE Cosmos(2019) / VIVE Cosmos Elite(2020) /Valve index(2019) /VIVE pro2(2021)

助手ちゃん
助手ちゃん
HTC社やValve社のVRゴーグルがこのグループだね!

Oculus

Oculus社(Facebook社)といえばスタンドアローンで有名なOculus Quest2やOculus Goが思い浮かびますが、PCVR用ゴーグルのOculus Rift(S)もあります。

こちらはOculus独自のプラットフォームであるOculus Storeからアプリを購入してPCVRをプレイできます。

ただし先ほども言った通り、Oculus RiftでもSteam VRをプレイすることは可能です。もちろんOculus Quest2でOculus Link機能やVirtual Desktopを通してプレイすることもできます

SteamもOculusプラットフォームのアプリも遊べるならOculus一択に思えるかもしれませんが

  • フルトラッキングするのが面倒
  • Facebookアカウントが必要

などデメリットもあるので必ずしもOculusがベストとは言えないのがVRの面白い部分です。

しょちょー
しょちょー
俺は全く気にしないで昔からあるFacebook垢連携したけど、この界隈は気にする人かなり多いからなw

Oculus Go(2018) / Oculus Quest(2019) / Oculus Quest2(2020) / Oculus Rift(2016) / Oculus Rift S(2019)

助手ちゃん
助手ちゃん
初代QuestとQuest2はスタンドアローンとしてもPCVRとしても使えて便利だね!

Windows MR

Microsoft社が提供する規格。仮想現実(VR)拡張現実(AR)の両方に対応した複合現実(MR)ということらしいですが‥‥‥

しょちょー
しょちょー
使用するデバイスによってVRとARの体験どちらかに分かれるんだ
しょちょー
しょちょー
そしてもはやWindowsMRは息してないんだ(泣
しょちょー
しょちょー
オワコンなんだぁ(泣
助手ちゃん
助手ちゃん
‥‥‥辛辣だなおい

これが登場した当時はトラッキング形式が他のVRゴーグルと異なるのが特徴的だったけど、今は別にって感じ。後から説明するインサイドアウト方式を使っています。

そもそもWindowsMRの情報が2018年でほとんど止まっているのが現状を表しています。最近はWindowsMR非対応のコンテンツも目立ってきました。

ただ2021年に「Reverb G2」が延期の末ようやく発売開始。最高レベルの解像度でVRをプレイできるのが特徴になっています。

ついでにWindowsMRでもSteamVRをプレイできます。「Windows Mixed Reality for SteamVR」というアプリをSteamで導入する必要がありますが、WinMRでも問題なくプレイできます。

⚠️AmazonでWinMR対応ヘッドセットを購入しようとしても現状はほとんど微妙な状態です。事実上「Reverb G2一択

助手ちゃん
助手ちゃん
まぁ、多少はね?

トラッキング方式の違い

PCVR用のVRゴーグルと言っても種類によってトラッキングに違いがあることをご存知ですか?

助手ちゃん
助手ちゃん
え〜?知らなかった!‥‥って人もすぐわかるから安心してね!

トラッキング方式には主に2通りあります。

  • アウトサイドイン方式
  • インサイドアウト方式
助手ちゃん
助手ちゃん
どっちがどんな特徴あるのかな?

アウトサイドイン方式

「アウトサイドイン方式」の特徴ヘッドセット外部にセンサーカメラを置いて位置トラッキング(認識)する点です。ヘッドセットだけでなく外部設置のセンサーが必須になるためコストがかかります。

メリット

  • 正確なトラッキングが可能
  • 広範囲の空間をトラッキングできる

デメリット

  • カメラ設置が必要&面倒くさい
  • 費用がかかる

Valve index / HTC VIVE / VIVE Pro (Eye) / VIVE Cosmos Elite / PSVR 

助手ちゃん
助手ちゃん
HTC社の場合独自の技術によるアウトサイドイン方式をLighthouse式と呼んでいるよ

インサイドアウト方式

「インサイドアウト方式」の特徴ヘッドセット内部にカメラが組み込んであるので、外部カメラを必要としない点です。HMDとコントローラーさえあればVRを遊ぶことができます。

メリット

  • 安価な傾向にある
  • VRで遊ぶのに余計な手間がかからない

デメリット

  • トラッキング精度が劣る
  • カメラの見えづらい位置(腰や背中など)をトラッキングできない

VIVE Cosmos / Oculus Quest2 / Oculus Rift S / WindowsMR(Reverb G2含む)

VIVE Cosmosはインサイドアウト、VIVE Cosmos Eliteはアウトサイドインなので注意。

視野角の違い

引用:MoguLive

視野角とはVRゴーグルをかぶったときに見える領域の広さのことです。スペック表で視野角が大きいほど、周りの景色の情報量を多く獲得できます。

一般的な視野角が110°となっていて、これを基準に考えるといいでしょう。

この数値が低いと望遠鏡や双眼鏡を覗いたような狭い世界の景色しか見ることができません。

現在のVR環境ではこの視野角がHMDを選ぶ上で1つのポイントになってきます。

この数値が大きい方が基本的には快適なプレイができると思っておいてOK。

しょちょー
しょちょー
画質だけでなく視野角の広さもVRの没入感や酔いにくさに関係してくるからな

IPD調整機能の差

瞳孔間距離のことをIPDと言います。このIPDがユーザーに一致していないとVR酔いをする原因になります。

ほとんどのVRゴーグルにはIPD調整機能が付いていますが、一部のゴーグルにはこのIPD調整機能がないものもあります。

また、調整できるけどOculus Quest2のように3段階調整だったり、調整できる距離が短いものもあるのでVRゴーグル選びの際は慎重に。

とはいえ初めてVRを体験する人は自分にマッチする距離がわからないはず。まずは大雑把でもいいので初心者は調整機能付きのものを購入するのが無難です。

男性は65mm前後、女性は60mm前後が平均になっています。

💡どうしても失敗したくない人は?
正確なIPDを知りたいなら専門の検眼医または眼科医に問い合わせして測定してもらいましょう。
もしくは定規と鏡を使って自分で測る方法もあります。HTC社のこちらの記事を呼んでみてください。

リフレッシュレートの差

動画の滑らかさを表すのがリフレッシュレートです。リフレッシュレートとはそもそもディスプレイに映し出される画像が1秒あたり何回更新されるか?という数値です。

この数値が高いほどコマ数が多くなるため映像が滑らかに動くということですね。

特にVRゲームをする人にとって、ヌルヌル動くというのはかなりのアドバンテージになります。

滑らかさはVR体験に感動を与えるのでこちらも考慮すべきポイントになっていますね。

 

Steam VRと各社コントローラー

SteamVRは基本的には各社のHMD・ヘッドセットで遊べるようになっています。ですが各社によってコントローラーに差異がありますよね。

助手ちゃん
助手ちゃん
コントローラーが違うと操作できなくて困りそう

例えばPS5をプレイするのにSwitchのコントローラーでは遊べません。

Steam VRを経由してVRゲームを遊ぶとき、同様にOculusのコントローラーとVIVEのコントローラーで差があれば遊べない問題が考えられますよね?

しょちょー
しょちょー
でもそこは安心してくれ!ちゃんと考慮されているぞ

実はSteamVRの方でコントローラーの細かい設定が可能になっています。【コントローラーのバインドを管理】から調整が可能なので安心しましょう。

だから基本的にSteamVRはValve社やHTC社のヘッドセットだけでなく、OculusやWin MRなどの異なる規格でも遊べるようになっています。

💡ValveとHTCはベースステーションを共有できる

Steamのサービスを提供しているValveと「SteamVR」で動くようにヘッドセットを作っているHTCなので、実は同じベースステーションを使ってトラッキングできます。

これが意味することは、Valve社とHTC社のHMDとコントローラーを組み合わせて使用することができるということです。

例:Vive Pro2のHMD+Valve indexのコントローラー

 

おすすめのPCVR用HMD(ゴーグル)

ここまでPCVR用のVRゴーグルに関する知識をざっくり理解できたと思います。

さて、それではここからおすすめのPCVR用ヘッドセットを紹介していきます。

助手ちゃん
助手ちゃん
ここからが本番だよ!
しょちょー
しょちょー
おすすめ順に紹介していくぞー

1.Oculus Quest2

項目 内容
ディスプレイ 高速スイッチ液晶ディスプレイ
解像度 1,832×1,920(片目)
視野角 110°
IPD 58⇄63⇄68mmの3段調整
リフレッシュレート 72Hz⇄90Hz⇄120Hz
トラッキング インサイドアウト方式
価格 64GB:37,100円 (税込)
256GB:49,200円 (税込)
おすすめ度

初心者が初めてVRをプレイするなら迷わずこれレベルでおすすめします。価格に対する性能・体験は間違いなく頭2つ抜けていますね。

カメラもインサイドアウト方式なので余計なことせず、すぐにVRを楽しむことができてまさに初心者向け。

スタンドアローン機としてPC無しでも動きますが、「Oculus Link」を使うか「Virtual Desktop」を導入すればPCVR用ヘッドセットとしても使えます。

MacでVirtual Desktopを導入する方法 Oculus Quest2で漫画もPCゲームも! というわけで、せっかくOculus Quest2を購入した皆さま。 ゲーミングPCは無いけどぼちぼちのPCを持って...
WindowsでVirtual Desktopを導入する方法 Oculus Quest2でPCエロゲーを遊べる! https://adult-vr072.net/adult-vr-nyumon/vr-app/virtual-desktop/ ...

最近は公式で無線PCVRができる「Air Link」も搭載されました。

PCVRとして使うならストレージ(容量)はパソコンに依存するので64GBで十分。

Oculus Link用のケーブル購入やVirtual Desktopのアプリ導入で2千円ほど追加費用がかかりますが、それでも圧倒的に安いです。

この安さでここまで高性能なヘッドセットを製造できるFacebookの力が恐ろしいレベル。

なお、現在は発売当初に問題だったFacebookアカウント凍結問題はほぼ解決しています。万が一凍結されてしまってもサポートに連絡すれば解決するとのこと。

しょちょー
しょちょー
当時はアメリカ大統領選挙のせいで色々あったわけだな
助手ちゃん
助手ちゃん
今は安心しておすすめできる最強HMDだよ!

あえてOculus Quest2の弱点を挙げるとするなら

  • レンズのスイートスポットが狭い
  • 視野角がやや狭い

といった点ですかね。総合的に最も奨励できる入門機でしょう。

 

2.Valve index

項目 内容
ディスプレイ フルRGBの液晶
解像度 1440 x 1600(片目)
視野角 130°
IPD 58mm〜70mm
リフレッシュレート 80Hz⇄90Hz⇄120Hz⇄144Hz
トラッキング アウトサイドイン方式
価格 全セット:125,800円 +税
おすすめ度

フルトラッキングをして「VRchat」を楽しみたい人ならプレミアム路線のValve indexがおすすめ。

Valve indexは指までトラッキングできるコントローラー良質な本体高音質なスピーカーが魅力なヘッドセットです。

さらにVIVEトラッカーを脚や腰につけることで下半身もトラッキングすることができるようになります。

まさに「VRchat」の申し子。「VRchat」でバリバリ動きたいならコイツを買いましょう。

助手ちゃん
助手ちゃん
何かデメリットはないのかな?
しょちょー
しょちょー
もちろんダメな部分もあるぞ

indexの弱点はコントローラーが壊れやすいことがよく挙げられます。

そしてアウトサイドイン方式のトラッキングなのでやっぱりベースステーションの設置やVIVEトラッカーの装着に手間がかかったりします。

何より価格がベースステーション込みで約14万円と高い。VRにお金をかけたい情熱を持った人だけが購入しましょう。

能力的に総合力No. 1のHMDとなっています。

 

3.HP Reverb G2

項目 内容
ディスプレイ 液晶ディスプレイ
解像度 2160 × 2160(片目)
視野角 114°
IPD 60mm〜68mm
リフレッシュレート 90Hz
トラッキング インサイドアウト方式
価格 59,800円 +税
おすすめ度

最高レベルの解像度を誇るReverb G2がようやく解禁。映像の綺麗さをを求めるならこれが選択肢に入ります。

VRでは画質が微妙だと網目(スクリーンドア)が目立ちますが、ReverbG2では全くと言っていいほど網目が見えません。

片目で3840 x 2160の「Pimax Vision 8K X」と比べれば解像度のスペックは負けていますが、実践上ではあまり差がないようです。

ただ画質がかなり綺麗というメリットがある反面、現在のところいくつかデメリットが挙がっています。

助手ちゃん
助手ちゃん
え〜っていうと?

まず装着感が良くない。そして何よりコントローラーのトラッキング性能がよくないとのこと。また、SteamVRへの接続で途切れたりすることが多々あるとのこと。

しょちょー
しょちょー
それともう1点気をつけなければならないことが!

画質が綺麗になるということはゲーミングPCのスペックがより必要になってくるということです。

特にReverb G2の場合、やるコンテンツにもよりますが場合によってはGPUにRTX3080〜3090が欲しくなるレベルです。

明確な理由があってこれが欲しいという人でない限り、まずはOculus Quest2をファーストチョイスにするのが無難だと思いますね。画質命の人はReverbG2を選びましょう。

▶︎Amazonで購入する

 

4.VIVE Pro 2

VIVEPRO2
項目 内容
ディスプレイ 液晶ディスプレイ
解像度 2,448×2,448(片目)
視野角 最高120°
IPD 57〜72mm
リフレッシュレート 90〜120Hz
トラッキング アウトサイドイン方式
価格 単体103,400円 税込
おすすめ度

2021年夏の注目作が登場しました。あのVIVE Proの後継機VIVE Pro2が販売開始です。

目玉はなんといっても両目で5Kの解像度。

ディスプレイが有機ELではなく液晶になってしまったのは残念ポイントですが、スクリーンドア(網目)がなく綺麗さは間違いなし。

片目で3840 x 2160の「Pimax Vision 8K X」と比べても実践上でVIVE Pro2の方がいいという人まで出てきています。

助手ちゃん
助手ちゃん
それなのにおすすめ度は4位なの?
しょちょー
しょちょー
まぁ、解像度以外も考慮するとそんなもんだ

問題になってくるのはやはりValve indexという壁。解像度では勝っていますが、音質や装着感、視野角にコントローラー周りではやっぱり劣っているという評価になっています。

こいつを最大限に活かすなら‥‥‥

  • HMD:VIVE Pro2
  • コントローラー:indexコン
  • その他:ベースステーション+トラッカー

みたいな装備の組み合わせが求められそう。

ついでに価格10万はHMD単体での価格。新規の人はコントローラーやベースステーションも一緒購入する必要があります。

結論を言うと、アダルトVRで高画質を求めるならReverb G2の方がコスパ的に優秀です。

すでにValve indexやReverb G2を持っている人は、VIVE Pro2に買い換えるほどでもないかもしれません。

これからヘッドセットを購入する予定の人でVRchatや一般VRゲームはもちろん、カスタムオーダーメイドとかもVRで遊ぶつもりだったらVIVE Pro2をチョイスして良さそうです。

今後アイトラッキング(目のトラッキング)も解放予定とのことなので、Vtuber目的の人にも向いています。

しょちょー
しょちょー
お金出せる人ならこっち。出せない人はReverb G2かなw

▶︎Amazonで購入する

 

5.VIVE Cosmos Elite

項目 内容
ディスプレイ 液晶ディスプレイ
解像度 1440 x 1700(片目)
視野角 110°
IPD 59〜72mm
リフレッシュレート 90Hz
トラッキング アウトサイドイン方式
価格 フルセット:120,989円
単体:73,810円
おすすめ度

VIVE Pro2が登場したことによって相対的に価値が下がってしまったのがこちら。

スペック面でやや1世代遅れている感が出ているのと、HMD単体で7万over。ベースステーションやコントローラーとのセットで12万円とややコスパが悪いかなと思います。

ここまでお金を出せるならVIVE Pro2やValve indexあたりまで手を伸ばした方が無難か。

ただゲーミングPCのグラボがそこまで強くない場合、性能を引き出しやすいのはこっちですかね。

正直妥協するのはおすすめできないけど、フルトラッキングがしたい+予算の都合上これが限界って人なら悪くはないのかなと。

しょちょー
しょちょー
基本的にはPro2かindexを奨励したい
助手ちゃん
助手ちゃん
下位互換なんだね‥‥‥

 

6.VIVE Pro Eye

項目 内容
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
解像度 1440 x 1600(片目)
視野角 110°
IPD 自動調整
リフレッシュレート 120Hz
トラッキング アウトサイドイン方式
価格 フルセット:179,168円
おすすめ度

目のトラッキングが可能なプレミア路線のHMDがVIVE Pro Eyeです。ぶっちゃけ目のトラッキングは一般人には不要ですが、Vtuberをするなら欲しい機能です。

フルトラッキング+目のトラッキングをできる稀有な存在なので特殊用途がある場合のみ購入の候補になります

助手ちゃん
助手ちゃん
普通の人はいらないってこと!

 

セール情報まとめ

FANZAでセール開催中!

FANZAではハロウィンキャンペーン開催中。VR作品はほとんど対象となっていませんが、2D動画で色々セール対象になっています。

また、VRに関しては人気VR作品30%OFFセールが開催中。こちらはかなりの数のVR作品がセール対象になっているので注目です。

 

アダフェスでハロウィンセール中!

ハロウィンセールは多数のメーカーが参入した大規模セールになっています。コスプレ系や非日常系の動画が30%OFFになっているのでこの機に視聴してみてください。


また、SKYWORTH-4D PROのセット商品をはじめとした+1D連動セット商品もお得に購入できます。動画とオナホの連動に興味がある人は要チェックです。

 

カリビアンコム20周年記念!?

カリビアンコムでは10月29日と30日に20周年の大感謝祭で何かが起こるようです。何が起こるのかはその日にチェック!

 

秋も各サイトのセールイベントを駆使してコスパ良くアダルトコンテンツを手に入れましょう。

まとめ:VRゴーグルは上位4つから選ぼう

PCVRを始めるに当たって重要なことは「何をしたいのか?」です。

なんとなーく漠然とVRをプレイしてみたい人・VRchでみんなと一緒にワイワイしてみたい人・Vtuberデビューしてみたい人など理由は人それぞれ。

なのでチョイスするべきヘッドセットも人それぞれになります。

その上でおすすめするなら今回紹介した上位4つの機種

  1. Oculus Quest2:初心者向けの入門用。VRを遊んでみたいならまずはこれ。
  2. Valve index:高度なフルトラッキングと高いリフレッシュレート、広い視野角によるプレミアムな体験ができる。「VRch」や本格VRゲームを本気で楽しみたい人向け。
  3. Reverb G2:綺麗な映像にとことんこだわりたい人むけ。アダルト描写にロマンを求めるのもあり。
  4. VIVE Pro2:綺麗な映像かつフルトラッキングができる。

ここから選ぶのが無難だと思います。いきなり「Pimax Vision 8K」を買うとかそういう冒険はあまりおすすめしません。

特に初心者の場合は外部カメラを設置してトラッキングするのに苦労すると思うので、余計な手間が不要な「インサイドアウト方式」のOculus Quest2がおすすめなのです。

賢い選択をしてVR体験を楽しみましょう。

しょちょー
しょちょー
以上でPCVR入門用のHMD編を終わりにする
助手ちゃん
助手ちゃん
PC選びもHMD選びも大まかな指針がわかったね!
【PCVR入門】アダルトVRゲームに必要なPCスペックと選び方まとめ この記事はPCVRに手を出してみたい人が最初に読むべき記事です。 予算について PCVR用の...
アダルトVR月額見放題サービスは今が旬!
アダルトVR見放題比較
助手ちゃん
助手ちゃん
月額見放題って入会するべきなのかな?どこがいいのかなぁ?

月額見放題に入会するメリットは主に2つ

旧作を手当たり次第購入するより遥かに安い
古い作品は画質やアングルが微妙なことも‥=見放題なら購入して失敗する心配がない

一方でVR見放題唯一のデメリットはというと

発売後1年経たないと見放題対象に追加されない

VRは進化速度が凄まじいので、数年前の旧作は微妙かもしれません。

ですが、これから追加されていく2020年の動画は今見ても即戦力になるものが多い!

しょちょー
しょちょー
満を持してついにVR見放題サービス加入を真剣におすすめできるタイミングが来たぞ!
FANZA VRch
VRの見放題動画対象数No. 1!Oculus Quest2にも対応している安心安定サービスで初心者におすすめ。とりあえず迷ったらFANZAのVRchから始めましょう。
おすすめ度
作品数
クオリティ
対応デバイス スマホ/PC/GearVR/Go/Quest2/PSVR
月額料金 ¥2,800

紹介記事公式ページ

▶︎初めてDMMアカウント(無料)を作る人はこちら!

Adult Festa VR
VR動画の質なら業界No. 1!4K匠の高画質と+1D連動はアダフェスだけ。動画数こそFANZAに劣りますが、アダフェスでしかできない体験もあります。2Dも同時に見放題なのでまさに一石二鳥!ただしサーバーがちょっぴり弱め。
おすすめ度
作品数
クオリティ
対応デバイス スマホ/PC/GearVR/Go/DPVR-4D/SKYWORTH-4D
月額料金 ¥2,980

紹介記事公式ページ

TSUTAYA TV
TSUTAYA TV
2021年4月現在、アダルトVRを見れる月額見放題サービスで唯一の無料トライアル30日間のサービスが付いています。アダルトVRはスマホVRのみが対象ですが、アダルトVRの他に2Dアダルトや一般ジャンルも契約1つで見放題!
おすすめ度
作品数
クオリティ
対応デバイス スマホ
月額料金 ¥2,659円(無料トライアルあり)

紹介記事公式ページ

この2つのサイトは2021年春にサービス終了しました。まだ紹介しているサイトは情報が遅れているので注意しましょう。

関連記事