\【PR】管理人がイチバン使ってるやつ!/

エロゲー

UEVRでVR化できる同人エロゲをまとめてピックアップ|神ゲーあり!もう量産型VRエロゲで満足できないかも

【PR】記事内に商品プロモーション(アフィリエイトリンク)を含む場合があります。

Unreal Engine製のゲームをVR化できる「UEVR」を使うことで多種多様なゲームをVRで遊べるようになりました。

もちろん元々のゲームはVR向けに考えられたカメラワークではないため、向き不向きがめちゃくちゃハッキリ現れますが、デフォでそれなりに使えるゲームやUEVR向けのMODが用意されているものもあります。

UEVR 導入方法 スタマス
UEVRでUnreal Engine製のゲームをVR化する方法|スタマスをVRで快適に遊ぶMODも同時に紹介2024年1月1日にVRユーザー待望のツールUEVR(ベータ版)がリリースされました。 UEVRがどんなツール・MODなのかという...
助手ちゃん
助手ちゃん
UEVRの導入についてはこちらの記事を参考にしてね。

さて、「UEVR」はUE4~UE5のバージョンのゲームをVR化できますが、もちろんDLsiteで売られているUnreal Engineの3DゲームをVRにしてムフフなエチエチプレイが可能となっています。

今回はDLsiteで買える同人3Dエロゲを実際に管理人がUEVRでVR化してプレイしてみたものをまとめていこうと思います。

しょちょー
しょちょー
UEVRは外部ツールだから突然手に入らなくなったり使えなくなったりする可能性もある。そういった問題は全て自己責任で頼むぞ。
エロゲセールが開催中!

FANZAでセール開催中!

FANZAのエロゲコーナーでFANZA5周年感謝祭2024が開催。季節イベント到来です。

  • 期間限定クーポン配布(期間内で何度か配布)
  • 最大70%OFFセール
  • 500円/1500円/3000円セール
  • ブランド合同まとめ買い
  • 期間限定セット
3月17日まで 2月25日まで
3月17日まで

クーポンはこちらからゲットできます。

クーポン対象おすすめピックアップ

セール対象おすすめピックアップ

50%OFF 50%OFF

ハニカムのコンプリートセットが登場。MODの「VRTrial」でVRも体験してみましょうVR化のやり方はこちらを読んでください。

 

DLsiteでセール開催中!

DLsiteでバレンタインイチャラブ特集が開催中。対象エロゲが3月4日まで最大50%OFFになっています。KISSのCOM3D2がガッツリセール中です。

左が本体+アペンド3種、右がキャラエディットを強化するアペンドとなっています。また前作CM3D2を買っておけば性格3種をCOM3D2に追加できるのでそちらも確保しておきたいところ。

UEVRでVR化できる同人3Dエロゲまとめ

DLsiteで検索するときは「unreal|アンリアル」とかでやると検索に引っ掛かります。あとはソートで「ゲーム」「成人向け」「3D作品」などをチェックして追加するといいでしょう。

しょちょー
しょちょー
「|」を入れることでor検索ができるようになるぞ。ちなみにみんなが使ってるスペースによる空白はand検索だな。

元からVR対応/専用ゲームを排除すると残るのは記事を書いている時点で20作品前後です。

このやり方で検索に引っかかるゲームは商品ページにUnreal Engineを使用していると明記しているものだけです。実際のところ、漏れているゲームがあるのでその点は注意。

VR化するときにこんな警告が出ることがあります。これはゲームのインストールフォルダ内(Engine > Binaries > ThirdParty)に「OpenXR」フォルダがあって、これがUEVRと干渉しあってVRにならないことがあります。その場合は「OpenXR」フォルダの名称を「_OpenXR」のように変えたりフォルダ自体をどこかにポイっとしちゃいましょう。

シード・オブ・ザ・デッド

項目 内容
サークル TeamKRAMA
ジャンル FPS
価格 2,640円
おすすめ度

解説

UE4で作られたHOTD風のガンシューティングすけべアクション「シード・オブ・ザ・デッド」。これ、UEVRによるVR化の恩恵がかなり大きいです。

ガンシューティングものとVRの相性が高いのは言うまでもないのですが、UEVRによるVR化で困る大きな要因であるカメラワーク。これが変に動かないので普通のVRゲームとほとんど差がないレベルでプレイできます。

UI表示は流石に少し浮きますが、それ以外はほぼ完璧。PAD(箱コン)で操作するとエイムもそれなりに合わせやすい+エッチシーンでカメラ動かしやすいのも高評価。

本編は会話イベント→ガンアクション→エッチシミュといった流れ。ガンアクションではエロ要素として、回復するための手段がエッチとなっています(バフ効果もあり)。しかもアヘ顔晒します。

戦闘後のイベントエッチシーンはカメラを自由に動かして鑑賞可能。進むボタンを押すことでエッチが段階的に進んでいくタイプ。UE4なだけあっていざVRで近づいてモデルを見るとケツはイイ感じ。というかメガネキャラの身体が良さげ。

FPSのパートではWAVE制の生き残り戦闘・時間制タワーディフェンス戦闘・ダンジョン攻略アクションとあって結構楽しめます。

プレイしていてUEVRの恩恵をがっつり体感したゲームですわ。これ結構おすすめです。最初のWAVE制戦闘はちょっと長いけど進めれば楽しくなる。

購入はこちら

 

シードオブザデッド:スイートホーム+チャームソング

項目 内容
サークル TeamKRAMA
ジャンル FPS+アイドル
価格 コンプリート版:4,730円
スイートホーム:3,190円
チャームソング:2,090円
おすすめ度

解説

シードオブザデッドの続編である「シードオブザデッド:スイートホーム」。そして2023年冬に発売された追加パッチの「シードオブザデッド:チャームソング」。

初代と比べてグラフィックが強化され、システムやエロ要素も磨き上げられたスイートホームはめちゃくちゃ面白かった。VR化したときのGPUへの負担は前作よりも上がっていますがプレイしていて楽しいです。ヒロインも追加されました。

今作は拠点型のゲームシステムに変わっていて、拠点で仲間たちと会話したりプレゼントで親睦を深めることが可能。ここからゾンビを倒すステージに移動するのでコンシューマーゲーを遊んでいる感覚と近いものがあります。

回復方法は相変わらずエッチすること。リズムに合わせてボタン押すだけ。これよりもゾンビにやられているヒロインちゃんたちを放置することで見れるリョナ死の方がエロエロです。

ちなみに管理人はキーマウで攻略プレイ、エロシーンはPAD(箱コン)でカメラ動かしてます。VRプレイも通常プレイもこれが安定。

スイートホームのシナリオをクリアするとチャームソングの分野が解禁。みんなの歌姫えいのまるがパーティに参戦し、追加のシナリオとステージを攻略できます。えいのまるの3Dは露骨にデキが良い。しゃべるとアホの子ですけど。

そして追加シナリオを進めることで解禁されるのがまさかのアイドル業。システムは簡易版ア○ドルマ○ターのような感じ。最近スタ○スをプレイした身としてはめちゃくちゃ馴染み深い内容です。

ちなみに彼女たアイドルしていますが、Zに敗北すると食いちぎられたり孕まされたり首チョンパされたりおまんこ壊されたり、リョナ要素満載でセリフも表情もリョナラーを満足させてくれるデキになっていますよ。

購入はこちら

スイートホーム(単体)
チャームソング(単体)

チャームソングはアペンドなので本編のスイートホームを購入していることが前提となります。また、Steam版も存在しますがこちらにアダルト要素を追加するにはR18パッチを当てる必要があります。

【VR化レビュー】シードオブザデッド:スイートホーム|リョナラー歓喜のホラーFPS!VRも通常プレイも神ゲーでした2021年に販売された『シードオブザデッド:スイートホーム』。元々2017年に発売された『シード・オブ・ザ・デッド』の続編であり、グラフ...
助手ちゃん
助手ちゃん
VR化レビューがこちら。

アンダーザウィッチ:ビギニング

項目 内容
サークル NumericGazer
ジャンル RPG
価格 1,980円
おすすめ度

解説

自分がM男だと自負してるユーザーならおすすめしたいのがこちら「アンダーザウィッチ:ビギニング」。クソ強い妹ちゃんや魔女に挑むも何度も敗北し、わからされる貧弱ヒーローの物語。

妹アリスに戦闘を挑むもボッコボコにされ、召使いとして遣わされるヒーローの惨めさと性欲には勝てない男のサガをしっかりと描いているのがイイ。

罵声はもちろんあるけど、場合によってはちょっと優しめの口調だったり、知らないことを教えてくれたりと必ずしも攻撃一辺倒だけではないのが個人的にいい塩梅だなと感じます。

そして太もものデカさ、ケツのデカさなど製作者のフェチをばちこりゲームに反映させているのもイイですわこれ。

主人公のヒーローは最初レベル1で絶対に勝てないようになっていて、負けるたびに負けイベントが発生。敗北を刻みながらレベルが上がっていって強くなるシステムですね。

難点があるとすれば、あくまでもデスクトッププレイ向けのカメラワークなのでVRだとイベントシーンによってはカメラの切り替わりが激しい時もあること。基本は3人称視点(たまにヒーロー視点に切り替わる)といった感じ。

ただイベントシーンの作り込みは同人の中ではレベル高いので、普通に楽しめる。特にエロに関しては普通にエチエチレベル高し

VR専用ゲームと違ってカメラが最適化されていないことを除けばなかなかおすすめできる内容ですよ。エロい。

とあるシーンでは「負け犬」と右側からASMRのごとく囁かれる。

しょちょー
しょちょー
負けてもいいと思ってしまったよ。

ちなみに服装パーツを改変することができて、これが左右の腕や脚ごとにパーツの着脱が可能。手抜きゲーと違って片方ずつ変更できるのが個人的に高評価ポイントです。

購入はこちら

 

終わりの王国始まりの魔女

項目 内容
サークル c3アート
ジャンル アクション
価格 1,980円
おすすめ度

解説

美麗グラフィックの魔法世界で戦うアクションゲーム「終わりの王国始まりの魔女」。こちらは同人ゲーとしてはグラフィックに力が入っているアクションゲームであり、アニメ調のデザインを上手く3Dモデルに落とし込めています。

ボリュームはやや少なめで真面目にやればシナリオを数時間でクリアできるようになっています。(管理人は2時間くらい)

シナリオの本筋は2国間の戦争。このままではあと数日でこちらの国が滅んでしまうため、敵国の王様を倒して戦争を終わらせるという流れです。

そもそもなぜ戦争が起きているのか、どうして王様があんなことやこんなことをしているのか?という要所はしっかり描かれていたので納得できるものでした。ただボリュームが少ないので、シナリオやキャラクターの濃い肉付けまではできなかったようであっさり感もあります。(実際製作者さんが一本のシナリオを半分に圧縮したと述べています)

アクション本編はVRでやるよりも普通にデスクトップでプレイした方が快適ですが、VRだと美麗なマップとキャラクターを間近で堪能できます。アクション自体は敵の攻撃を避けながら魔法をブッパしていくだけでいいため、戦略の幅は狭いですね。魔法ゲージ回復は必要ですけど。

よくアクションゲームするゲーマーからすると敵のAIがザルで不満はあるかな。Steamで賛否両論なのはそういった部分をガチアクションゲーと比べられているからですね。

用意されているエロシーンは少なめ。アップデートで追加されてこれだから初期はかなりあっさりめでした。VRで見るとよりエロさが上がりますが、思ったのはキャラクターの表情差分が少ないので「イクイク〜」的なセリフと比べて表情のパンチ力が弱いです。

一通りシナリオクリア+全エロシーン再生までプレイした感想としては、エロよりも美麗さに力を入れている印象で惜しい。もうちょっとお下劣なエロさをこの美麗グラフィックで表現してくれれば……と思いましたが、これがここのサークルの1作目であり、シナリオの続編となる2作目を開発中なので期待して待ちたいと思います。

しょちょー
しょちょー
ちなみにこれ1人で作ってるらしい。外注もあるとはいえ個人製作でこれはなかなかでしょ。

購入はこちら

 

スノウブレイク:禁域降臨(ソシャゲ)

項目 内容
パブリッシャー SEASUN GAMES PTE. LTD.
ジャンル TPS
価格 無料(ゲーム内課金あり)
おすすめ度

解説

同人ではなくゴリゴリの商業ですがこちらも紹介しておきます。TPSのソシャゲ「スノウブレイク:禁域降臨」。これもUnrealEngineで作られているのでVR化が可能です。最近はPCに対応したソシャゲが多くリリースされていますが、スノブレもその部類ですね。

最初に注意しておくと、VR化するとホーム画面が縦に伸びる+両目がミラー状態になるので操作はモニターを見て進めます。シナリオ本編に行けばちゃんとVRになっています。

基本的な部分はいつものソシャゲ。キャラをガチャで引いたり武器をガチャで引いたり、気持ちよくなるには課金ありき。本編に関してもストーリー→ダンジョン攻略的な流れでいつものソシャゲです。

ただキャラモデルの造形やガンシューティングアクションの作り込みに関してはお金をかけている分それなりに綺麗にまとまっている印象。見た目は高クオリティなのですが、やはりガチャありきのゲーム性なので、そのせいで自由にやりたいことができないのがこれ系の宿命ですかねぇ。

見た目は本当に今どきのゲームで綺麗。シードオブザデッドシリーズよりも余裕でまとまっている。ただ面白いのはやはり買い切りで完結されているシードオブザデッドシリーズの方かな。スノブレはVRの状態でキーマウでプレイするとちょっとやりづらさを感じちゃうかも。モニターでプレイする快適感が強い。

ガンシューティング部分はちゃんとガンシューティングしてて安っぽいソシャゲ感は払拭されています。

金髪ツインテでキララとキャラ被り。造形はこっちの方がマジで綺麗です。ただ美少女ゲーにおけるキャラの属性作りという点においてはあっちが優秀かな。こっちは普通のソシャゲですから。

ちなみに、スノウブレイクはR18MODでキャラを全裸にしたりちょっとエッチな衣装を着せることができます。ソシャゲなのでアプデが高頻度に行われること、そしてBANになる可能性があることを考慮した上で自己責任でやりましょう。

そして女の子と交流できる「社員寮」のモードがあるのでそちらもVRで試してみたかったのですが、アンロックするのにちょっと時間がかかるのでそこまでは確認できませんでした。

あと1つ気になったのが、ところどころ日本語訳が微妙なところあって、スッと頭に入らない単語がチョイスされているのが見受けられた点。ぶっちゃけ翻訳はスターレイルや原神でも怪しいところあるから仕方ないんですけど、やはり純日本産のゲームと差を感じてしまいますね。

購入はこちら

 

Guilty Loving Boxing (ギルティ ラビング ボクシング)

項目 内容
サークル 痛風舎
ジャンル ボクシング/キャットファイト
価格 2,640円
おすすめ度

解説

VRエロゲでボクシングといえば「プリンちゃんのボクシングジム2」が最強ですが、UEVRでVR化したGuilty Loving Boxingも普通に楽しめました。

エロ要素は服を脱がせてのキャットファイトや男VS女といったくらいで、そこまでエロに振り切っているわけではありません。プレイヤーがリョナ行為をするという意味ではプリンちゃんの方が優秀です。

3人称視点 1人称

Guilty Loving Boxingは1人称視点プレイと3人称視点プレイを選べて、自分がボクサーに転身して女の子をボコすか、神視点からキャットファイトを楽しむか、という選択をとれます。

あとはちゃんと殴ったときの汁が飛ぶ描写とかアザ・腫れ描写とかがあって殴ったときの音もいい。

体験版があるので気になる人はまずはそちらをプレイしてみるといいでしょう。体験版でもUEVRが機能します。

購入はこちら

 

CODE:VALKYRIE Ⅰ

項目 内容
サークル Ulimworks
ジャンル ガンアクション
価格 2,640円
おすすめ度

解説

3人称視点のガンシューティングアクション。「シードオブザデッド」と比べるとジャンプアクションの動きが大きいこと、VR時の銃の照準が見づらいこと、動きがややスタイリッシュなことなどVR化との相性はややイマイチというのが管理人のファーストインプレッション。

特に敵にやられたときのアッサリ感がもったいない。敵にやられちゃった女の子フェチを燻ってくれるのは間違いなく「シードオブザデッドシリーズ」です。

これはVRでプレイするよりモニターで普通にプレイした方が適していると個人的に判断しました。

ちなみにVR化すると掴み判定ポイントが行方不明になってエロシーンを進めることができない問題が発生。VR化あかんですね。

購入はこちら

 

CODE:VALKYRIE Ⅱ

項目 内容
サークル Ulimworks
ジャンル ガンアクション
価格 2,640円
おすすめ度

解説

CODE:VALKYRIEシリーズの2作目。前作と大きな変更点はブレード攻撃が追加されたことですかね。基本のゲーム性は変わらない感じです。

呪いの蓄積によって敗北時に簡単なイベントエッチが追加されていますが、うーん……そもそもこのゲーム、前作もそうですが被弾判定が軽すぎて敵から攻撃を受けている感覚が弱すぎるんですよね。

ちょっと触れたらダメージが連続で入ってすぐに床ぺろ。ダメージをくらって「ヤベェ!」という気持ちが生まれない。ヒットストップとか、被弾時のよろめきとかそういった演出がないから微妙なんですよ。だから敗北もドキドキしないし、エッチ要素もドキドキしない。

しかも銃を無限乱射できてリスクがないからゲームとしての完成度は完全にシードオブザデッドに劣っている印象しか受けませんでした。前作より照準が見やすくなったのは改善点です。

前作よりは良くなってるけど……ビジュアル以外の良さがあまり見つからなかったのが本音ですね。Illusionゲーの下位互換的な印象。いや、Illusionも結構微妙なゲームあるか。

購入はこちら

 

異世界スタントガール

項目 内容
サークル グロスティック
ジャンル アクション
価格 1,320円
おすすめ度

解説

大量出血でも死なないスタントマンを操作する「異世界スタントガール」。リョナラー向けのゲームです。

新入りのスタントマンとして現場デビュー。先輩俳優やスタッフによって酷い目に遭わされますが耐久力が高いのでなかなか死なずに頑丈です。

現場のマップを移動してちょっとした会話イベントがあります。拠点として小屋を与えられたプリン・アラモードちゃんはここから成り上がっていくことを決意。

撮影シーンでは爆発に巻き込まれて血飛沫をあげたり、ぶん殴られて吹き飛ばされたりとボロボロに。

ただぶっちゃけ管理人はリョナラー側の人間ですが、リョナってやっぱりやられる側の恐怖心や辛い感情が必要で、このゲームの主人公はあまりにも前向きすぎるのが微妙かも。

わざわざVR化してまでやるゲーム性ではないのでこの記事ではそんなにおすすめはしません。

シードオブザデッドがリョナゲーとしても優秀なのでどうしても比較してしまい、「シードオブザデッドでよくね?」と言わざるを得ない状態。まずはあっちを買ってからでいいと思います。

購入はこちら

 

ヒミツのなつやすみ ~えっちの勉強をおしえて?~

項目 内容
サークル TOFU SOFT
ジャンル シミュレーション
価格 2,750円
おすすめ度

解説

ロリ系のエッチシミュレーション「ヒミツのなつやすみ ~えっちの勉強をおしえて?~」。ちょっとした会話パートとエッチパートが交互に展開されるオーソドックスなエッチシミュレーションゲームです。

紙芝居会話パートはVRだとちょっと見づらくて微妙。デスクトップでプレイした方が安定です。

管理人はロリ系がまったく性癖にささらない人間なので感想をツラツラ書くのははやめておきますが、ロリ系としてはそれなりに完成されている感はありました。

VR化で女の子を観察するプレイができるようになるので、間近でじっっっくり観察したいなら買うのもありといったところでしょう。

購入はこちら

 

Android.Labi

項目 内容
サークル Tino
ジャンル パズルアクション&シミュレーション
価格 880円
おすすめ度

解説

ちょっとした謎解きアクションとエロシーンが交互に来るパズルアクションゲーム「Android.Labi」。

閉ざされた通路をアクションで移動+謎解きしていき進んでいくゲーム性です。そんなに長くないので全体をすぐにクリアすることができます。値段なりの長さですね。

2種類の銃を持っていて、この銃でギミックを解除していくシーンも。敵とガンガンバトルするTPSみたいなゲーム性ではないのでその点は注意。

ギミックパズルをクリアするとご褒美エロシーンが見れます。ちょっとした拷問っぽいシーンもありますがまぁ、値段なりってところでしょう。

購入はこちら

 

LonelyLabi

項目 内容
サークル Tino
ジャンル TPS
価格 2,200円
おすすめ度

解説

グロテクスやリョナ表現ありのTPS「LonelyLabi」。

高いところから落ちてグシャっと潰れたり敵にやられて崩れ落ちます。が、リョナ目的ならシードオブザデッドの方がずっとクオリティは上です。

道中には一撃死のレーザートラップが仕掛けられていて、それに当たらないようにスライディングアクションやジャンプを駆使しながら進んでいき、化け物と戦っていきます。

あっさりと崩れ落ちるヒロイン。敗北のカタルシスがもうちょっとほしいかも。作り込めば良作に化けそうな気配はするものの、残念ながら雰囲気だけで終わってしまいました。

購入はこちら

 

ノアの追憶

項目 内容
サークル りみあろ
ジャンル アクションRPG
価格 1,980円
おすすめ度

解説

姉を助けるために冒険するアクションRPG「ノアの追憶」。やってみて思ったのはVR化していない状態でもアクションの操作性がイマイチだということ。

キーマウ専用操作でPAD操作は受け付けません。得体の知れない系エネミーを倒しながら進んでいくゲームで、HPが0になったあと敗北を受け入れるとエロシーンに突入します。

ぶっちゃけ敗北エッチがあんまりエロくなく、わざわざVR化してまでプレイするほどの価値を感じませんでした。シンプルに面白くないです。

購入はこちら

 

その他Unreal Engineの同人エロゲ

まだUEVRによるVR化の調査をしていないもの、調査したけど詳しく説明するほどではないもの、もしくは調査したけどダメだったもの・意味がなかったものをここでまとめています。

ゲーム 解説
10年後の夏に VR化の調査:VR化に対応
価格:1,980円
King of Ribbit VR化の調査:VR化に対応
価格
:1,430円
エリーナと癒しの森 VR化の調査エッチシーンが2Dなので意味なし
スパイガール 01 VR化の調査:未完了
価格:550円
ゲスガン VR化の調査:未完了
価格:990円
しょちょー
しょちょー
これ以外にもまだあるんだけど、流石に…ね。ってやつは外してる。自分で確認してくれな。

 

大人気VR対応エロゲを楽しもう

ハニカムにスタジオが登場(VRMOD Trialあり)

ILLGAMESのハニカムにスタジオを追加するアペンドが登場。さらに性格・マップ・Hモーションも追加できるので、ハニカムユーザー必須のアペンドです。

 

VRで遊ぶならCOM3D2!

全編VRで遊べるCOM3D2(カスタムオーダーメイド3D2)も個人的には激推し。作ったキャラで本編を楽しみたい人はオダメの方が優秀。ダンスの曲も豊富で3人まで踊らせることができます。

助手ちゃん
助手ちゃん
似たような商品が色々あってどれ買えばいいか解らないと思うから「どれを買うべき?」の記事を読んでみよう。

まとめ

Unreal Engineの同人エロゲは「シードオブザデッドシリーズ」が圧倒的おすすめという結論になりました。VR化しなくても普通に面白いし、VR化してもすんなりゲームの世界に入っていけるのでマジで相性がいいですよ。

今後もUEで作られた同人エロゲを発掘し、VR化を試していったものをまとめていく予定。記事に追記していきます。

しょちょー
しょちょー
とりあえずSoD進めて行くわ!
助手ちゃん
助手ちゃん
遊んでないで仕事しろしろっ。
おすすめ関連記事
VRエロゲ10選 おすすめ-PCVR向け アイキャッチPCVR向けVRエロゲ Meta-Quest専用-VRエロゲ-3DCGMeta Quest2向けVRエロゲ
VRエロゲ関連記事
COM3D2 レビューCOM3D2 CR EditSystem
恋来い温泉物語VR リリアン☆ナイト
インサルトオーダー イクノガマンVR
メルティナイトVR あなにはまる少女 サムネ レビューあなにはまる少女

 


【PR】今売れてるVRエロゲー3選!

しょちょー
しょちょー
ウチのサイトから売れている商業VRゲームがこれだ
助手ちゃん
助手ちゃん
まずは定番商品から手を出すのが無難だね
カスタムオーダーメイド3D2

公式で全編VRで遊べるのがこちらのCOM3D2。性格ごとのテキスト量は他のゲームよりも圧倒的に多く、全てフルボイスなのでキャラに愛着が持てます。

ダンスの種類や夜伽のレパートリーも多く、最近は公式でハイポリボディを採用し、裸体のエロさがピカイチに。有料DLCの多さだけがネック。
エロ度
キャラデザ
クオリティ
面白さ
値段 通常版(本編+GP01セット):8,580円
コンプリートパック(本編+GP01+GP02+GP01Fbセット):19,470円

FANZAで購入レビュー記事

 

ハニカム

公式でVRに対応するかは明言されていないので注意。MOD[VRTrial]があるのでVR化はできるようになりました。
次世代の3DキャラクリエイトゲームはILLGAMESに託された!?
より洗練されたアニメ調グラフィックによるエディットとエッチを楽しむならハニカム。なお、本編は虚無ゲーです。
エロ度
キャラデザ
クオリティ
面白さ
値段 8,800円

FANZAで購入レビュー記事

 

恋来い温泉物語VR

全編VRで遊べる本格アドベンチャーゲーム。いつも遊んでる紙芝居エロゲがそのままVRの世界にやってきたような内容になっています。
各章の終わりには絆を深めるエッチなイベント、衣装をゲットできるミニゲームもあって3Dモデルのできも良く悪くない出来です。
エロ度
キャラデザ
クオリティ
面白さ
値段 通常版:7,638円
コンプリートパック:13,200円(おすすめ!)

DLsiteで購入レビュー記事

関連記事