VR対応アダルトグッズ

ラブドールを使えばVR動画の興奮度アップ!目の前にいる錯覚がやばい

ラブドールを使ってVRアダルト動画をさらに楽しもう

ラブドールとは?

さて、いきなりラブドールと言われてもピンとくる人は少ないのではないでしょうか?

 

「余裕で分かるぜ!」って人は変態です、エロの亡者ですw

 

ラブドールとは空気を入れて膨らませるクリアボディで女性の体の形をとっているものです。普段のオナニーで使ってる人はまぁ、少ないと思いますね。一部の上級者様だけでしょう。ケダモノめ。

 

しかし、VRアダルト動画の誕生によってラブドールの使用価値がかなり上がりました。VRゴーグルによって動画の中に没頭しながらラブドールを抱けば、もうそれはAV女優と認識できてしまうのです。

 

ラブドール×VRアダルト動画の組み合わせもまた最強であるというわけですね。少し興味が湧いてきましたか?

 

 

超人気ラブドール「ラブボディAki」がすごい!

こちらはラブドールのスマッシュヒット製品「ラブボディーAki」です。イラストも素晴らしいですが、クリアボディがエロい!書いてるこっちまでムラムラしてきますぜ。

 

このラブドールは好みの服を着させてより動画に近づけることもできます。例えばスクール水着系や体操服系のVR動画を見るときに着させると、視界の女優さんとリンクしますよね。やばい。

 

こちらの画像をみてください。なんとなんと、ラブボディーAkiのアソコに彼女専用のオナホール(ヴェルサス)をセッティングすることができます!

 

本当にエッチしてる感覚になれるので、やべえですw

 

一応専用オナホ以外も装着することはできるようですね。

 

ラブボディAkiを見てみる

 

さらに進化したラブボディAki Type-Bとは?

こちらの商品は、先ほど紹介したラブボディAkiに頭部をくっつけたバージョンのものです。頭のない方のAkiが税込で2250円、この頭部有りのAkiが税込で2786円。500円ほどの差で好みのタイプを選べるわけです。

 

ただし頭の付いている方はバランスの関係上、脚の開きが狭くなっていたりおっぱいが小さくなっていたりと違いがあるので注意です。

 

オナホール装着用スペースはどちらも共通で、横幅5.5cmの縦幅7.3cmですね。

 

ラブボディAki Tipe-Bを見てみる

 

ラブボディAkiの販売価格と購入方法について

ラブボディAkiの価格は頭の付いていない方が税込で2250円、頭の付いている方(Type-B)は税込で2786円。さらにAki専用ホール「ヴェルサス」は税込で2550円となっています。

 

どちらかのAkiと専用オナホヴェルサスを購入すれば5000円前後の値段になります。まぁ、安くはないですがそこまで高いわけでもなく、気になったら買ってみてはどうでしょうか?

 

VRアダルト動画にラブドールとオナホールを足し合わせれば無敵です。気持ち良さだけでなく、臨場感も出せるのでオナニーの相棒として1家に1人あってもいいかもしれませんね。笑

 

アダルトグッズショップNLSで買えば5000円以上で送料無料になります。頭部付きのAkiと専用オナホヴェルサスを合わせて買えば丁度5000円を超えるという嬉しい価格設定。

 

配送されてきた時の家族の目が気になるならば、ヤマト営業所留め郵便局留めで荷物を受け取ることも可能です。

 

アダルトグッズショップNLSはこちら

エロVRを見るならこのVR-HMDがおすすめ
Oculus Quest
2020年7月現在スタンドアローン型HMDの最高傑作。ハイスペックゲーミングPCがあればtype-CのUSBを利用してPC接続型としても使える「 Oculus Link」機能も実装。エロVRに限らずオールジャンルで活躍できるおすすめマシンです。
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
Adult Festa VR DL動画を視聴可能。+1D連動動画や月額ストリーミング再生はPC接続時のみ可。
価格 ¥49,800(64GB)~¥62,800(128GB)

詳細ページAmazon

DPVR-4D
エロVR特化のスタンドアローンHMD。アダフェス専用機として開発されたので、これ1台あれば+1D対応グッズと連携させることが可能。+1DのエロVRを見る予定の人に1番おすすめです。※DPVRとDPVR-4Dは別物なので注意しましょう
アダルトVR適性度
FANZA 視聴不可(DMMVRプレイヤーに未対応のため)
Adult Festa VR 全ての動画に対応。全ての+1D連動グッズに対応。
価格 ¥34,000(定価)

詳細ページAmazon

Oculus Rift S
PC接続型HMDの中でコスパ最強のマシンがこちら。ゲーミングPC必須なので、PCを準備するだけでも15万〜20万の費用がかかります。アダルト目的だけの場合はおすすめしません。ただし既に「VR Ready」もしくは「Oculus Ready」の認証をもらったPCを持っているなら買いです。
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
Adult Festa VR 全ての動画を視聴可能。
価格 ¥49,800(定価)

詳細ページAmazon

 

ところで、こんなこと思っている人っていませんか?

助手ちゃん
助手ちゃん
Oculusシリーズみたいな高価なVRゴーグルをいきなり買うのってちょっと気が引けるというか…失敗したらどうしよう!って思って買えないなぁ

そんな人のために今は素晴らしいサービスがあるのをご存知でしょうか。そのサービスとはガジェットレンタルサービスです。今の時代、カメラやVRゴーグルなどのレンタルサービスをインターネットを通して利用することができるのです。

家にいながらレンタルサービスを利用してOculus GoやOculus Questを借りることができるんですよ!

ということで最後にVRゴーグルをレンタルできるサイトを紹介して終わりにします。


首都圏限定のレンタルサービス「スマレン」。範囲を首都圏に限定させたことで配送料無料だったり破損時の修理費0円と破格のサービス内容になっています。在庫が不安定な「Oculus Quest」もレンタル可能なのでぜひ利用してみてください。


最短で翌日に届くレンタルサービス「シェアカメ」。こちらのサイトではVRゴーグルの「Oculus Go」をレンタルすることができます。Oculus GoでスタンドアローンHMDを体験してみてください。FANZAとアダフェスのVR動画に対応しているので安心です。

助手ちゃん
助手ちゃん
そっか!こんなサービスがあるなら1回お試し価格でVR体験ができちゃうね!