\【PR】管理人がイチバン使ってるやつ!/

VRゴーグル(HMD)

Oculus Quest2がMeta Quest2に改名 Facebook社の名称変更により

【PR】記事内に商品プロモーション(アフィリエイトリンク)を含む場合があります。

Oculus Quest2がMeta Quest2に改名されます。

しょちょー
しょちょー
なんてこった。これまで書いた記事をリライトするハメになるとは‥‥

2021年10月28日(米国時間)にFacebook社が改名を発表したことによりMeta社としてスタートすることになりました。

それによってVR界隈でも大きな影響を受けることが予想されます。

今回の記事はFacebook社がMeta社に改名されたことによってどんな影響の波がVR界隈に押し寄せてくるのかまとめてみました。

 

初めてのVRを無料で体験する方法

これからアダルトVRデビューしてみたい人必見です。

無料でエロVRを体験する方法がFANZA(DMM)にあります。

助手ちゃん
助手ちゃん
え?無料で!?
しょちょー
しょちょー
おう、無料でw

これらのVR動画を無料体験できます

視聴するまでの手順はたったこれだけ!

  1. AmazonでVRゴーグルを購入
  2. DMMアカウントを作成する(無料)
  3. DMMVRプレイヤーをダウンロード(無料)
    ※iOSの人はストアからも可。AndroidはDMMからのみ。
  4. 無料対象VR作品から見たい動画を追加する(無料)

VRゴーグルにはお金がかかってしまいますが、それさえ入手できればいつでもアダルトVRを楽しむことができます。

Meta Quest2/3やPico4を買った人は①を飛ばしてMeta Store/Pico storeでDMMVRアプリを導入後、②と④を実行すればOK!

助手ちゃん
助手ちゃん
FANZAなら常にセール中のVR動画を買えるよ!月額見放題もコスパ最強だね!

毎週更新の限定セール開催中

Facebook社が改名した理由

そもそもなぜFacebook社は馴染み深いこの企業名を変更することにしたのでしょうか?

それについては企業のこの先を見据えた戦略が関係しているようです。

メタバースに注力する

Facebook社は今後「メタバース」を積極的に開発していく未来を描いているとのことです。

助手ちゃん
助手ちゃん
でもメタバースって具体的になんなの?
しょちょー
しょちょー
そりゃあれだ、FF14とかVRchatが具体例だな

メタバースとは:仮初の姿で他人と交流することができる仮想空間のこと。

VRやARを使ったものに限らずこれに当てはまるならメタバースと言えます。なので『どうぶつの森』なんかもそれに含まれますね。

Facebook社はこれまで「Facebook Horizon」というソーシャルVRサービスを提供していましたが、企業名変更によってこちらのサービスも「Horizon Worlds」に名称変更となりました。

1つのSNSサービスだけではない

Facebook社というとやはりSNSサービスの「Facebook」が頭をよぎります。

「Instagram」も現在はFacebook社のサービスですが、どちらにせよ社名がFacebookではSNSの会社と思われるかもしれません。

助手ちゃん
助手ちゃん
あーそれは確かにそうかも

この先メタバースに力を入れていく以上、社名が「Facebook」だと不都合だということですね。SNSだけではなく、メタバースの方を伸ばしたいという意思の表れです。

こんなことが理由となってFacebook社はMeta社に改名することになったようです。

 

Meta社に改名したことでどんな影響がある?

助手ちゃん
助手ちゃん
社名が変わるとVRに何か影響あるかな?

Facebook社がMeta社に改名したことで起こりえる影響サクッと考えてみました。

  • Oculus Quest2はMeta Quest2へ改名
  • OculusアプリはMetaアプリへ改名
  • Facebook社アカウントが不要になる

Oculus Quest2はMeta Quest2へ

Oculus社はFacebook社傘下になり、すでに消滅しています。今Oculus Quest2がOculusを名乗っているのは過去の名残でしかありません。

今回Meta社へ改名されることによってOculus Quest2の名称はMeta Quest2へと切り替わることになります。

OculusアプリもMetaアプリへ

スマホやPCで使う「Oculusアプリ」は「Metaアプリ」へ改名されます。このアプリはOculus Quest2でOculus Linkを利用するときにも使います。また、Quest2などのHMDを最初にセットアップするときに利用します。

しょちょー
しょちょー
というかOculus LinkもMeta Linkに改名されるのか?

Facebookアカウントが不要に

これが今回発表された中で1番のメリットになっています。

Quest2を利用するのにこれまで必須たっだFacebookのアカウントが段階的に不要になる

アダルトVRでは一抹の不安というか、「もしFacebookにエロVRを楽しんでる情報が流れてしまったら」と考えてしまう人も多いですよね。

設定で色々隠すことはできますが、それでもDMMやエッチなゲームをプレイしていることがバレてしまったらと思うと不安で仕方ないはずです。

しかし今回の発表ではFacebookとの連携を解除していき、Metaブランドを推していくとのこと。

しょちょー
しょちょー
多くのユーザーにとってこれは嬉しいお知らせのはずだ
助手ちゃん
助手ちゃん
確かにいいかも!

いつ変更になる?

OculusからMetaへの移行は2022年早期とのこと。できるだけ早めに引き継いでいく予定みたい。なので今年いっぱいまではOculusの名称が残るっぽいです。

しょちょー
しょちょー
うちのサイトの記事も書き換えが大変だ()

 

PR:セール情報まとめ

FANZAでセール開催中!

FANZA5thキャンペーンが開催。第3弾の対象動画が2月26日まで50%OFFになっています。VRは57タイトルが対象。


ビデオ売り上げ上位30%OFFセールが開催。第1弾対象動画が2月26日まで30%OFFになっています。


8KVR動画が続々と大量投下中。この機会に最高峰の高画質VRを体験しましょう。Meta Quest2/3/Pro単体やPCVRのユーザーが対象です。

その他VR対象セールはこちら

 

アダフェスでもセール中!

アダフェスで2024年末年始レビュー対象セールが開催。対象動画が2月29日まで30%OFFになっています。


リミテッドVRセールが開催。多数のVR動画が3月8日まで最大50%セールになっています。


アダフェス今週の1本は荒井リマさんのおあずけ射精管理。2月28日まで50%OFFになっているので興味がある人は今がチャンスです。

まとめ:メタバースの発展はすぐそこに

Facebook社あらためMeta社がこの分野にガチ本格参戦することで、VRやAR分野がさらに発展していくでしょう。

Meta Questと一緒に使える外部ツールもどんどん発売され、Metaブランドで統一することでユーザーにもメリットがありそうです。

来年にはOculus Quest3(Meta Quest3)もしくはOculus Quest Pro(Meta Quest. Pro)が発売されそうなのも考えるとMeta社には期待大ですね。

しょちょー
しょちょー
とりあえず今から初めてHMDを購入するならOculus Quest2(Meta Quest2)1択だな

 

 

【PR】アダルトVRを見るならこのVRヘッドセットがおすすめ
Meta Quest3
2023年10月時点で最もVR初心者におすすめできるヘッドセットがこちらのQuest3。管理人も「もうこれでよくね?」と思うレベル。
解像度・視野角・コントラスト・カラーパススルーがパワーアップしていて納得のデバイスになっています。1台目はこれ買っておけ!
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
アダフェス ストリーミング・月額見放題・DL動画を視聴可能。
+1D連動動画や月額見放題はPC接続(Oculus Link)時のみ可。
価格 ¥74,800(128GB)
¥96,800(512GB)

詳細記事を読むショップで購入

Pico4

Quest2のライバル機。内側の視野角が広い。これがアダルトと相性グッドです。さらに装着感が軽い。1番の欠点だった単体でFANZAを見れない問題が無事2023年12月に対応したことにより解決。 PCVRは公式のPicoLink経由だと微妙ですが、Virtual Desktop+Wi-Fi6環境だと優秀になります。

アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
アダフェス スタンドアロン時:DL動画を視聴可能(ストリーミング・月額見放題・+1Dは不可)。
PCVR時:全ての動画を視聴可能。
価格 ¥49,000(128GB)
¥58,860(256GB)

詳細記事を読むショップで購入

Meta Quest2

元祖初心者向けの入門機。Quest3が発売されたことにより型落ちに。 価格は抑えられるものの、Quest3を体験した今となってはもうちょっとお金出してQuest3を買った方が初心者にもおすすめできます。

アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
アダフェス ストリーミング・月額見放題・DL動画を視聴可能。
+1D連動動画はPC接続(Oculus Link)時のみ可。
価格 ¥39,600(128GB)
¥53,900(256GB)

詳細記事を読むショップで購入

DPVR-4D Pro
アダフェスのVR動画に特化したスタンドアローンHMDが強化されて帰還。
両眼で4Kの解像度はQuest2より僅かに上。ただしSoCは「Snapdragon XR1」と1ランク劣る。
アダフェスとのコネクトのしやすさは変わらず単体で+1D連動も可能です。なお、FANZAには対応していないので注意
アダルトVR適性度
FANZA 視聴不可(DMMVRプレイヤーに未対応)
アダフェス 全ての動画に対応。全ての+1D連動グッズに対応。
価格 ¥44,800(アダフェス)

詳細記事を読むショップで購入

Meta Quest Pro
Quest3が販売されたことにより、優位性が薄れてしまったハイエンド機。
アダルトジャンルに関してはほぼQuest3で十分になってしまいました。一応色味はProの方が綺麗です。
VRChatなどのVRSNSではアイトラッキング・フェイストラッキングによる優位性があるので、用途によっては選択肢になります。
アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。
アダフェス ストリーミング・月額見放題・DL動画を視聴可能。
+1D連動動画はPC接続(Oculus Link)時のみ可。
価格 ¥117,690(256GB)

詳細記事を読むショップで購入

Reverb G2

現状発売されているヘッドセットの中でも解像度が上位クラスのもの。DisplayPortでPCと接続できるので描写のくっきり感・安定感が優秀。
ただし新品で入手できる機会がほぼないので中古で探すことになりそう。

アダルトVR適性度
FANZA 全ての動画を視聴可能。(WinMR版DMMだと8KVRに未対応)
アダフェス 全ての動画に対応。全ての+1D連動グッズに対応。
価格 ¥65,780

詳細記事を読むショップで購入

関連記事